変わらぬ価値

2017.4.11(火)

ず~っとすっと昔の話になりますが、OL

さんの間で随分と話題になっていた「ワープロ

検定」なる資格が存在しました。しかし、今

の世の中では全く価値が無くなってしまった

資格です。

この「ワープロ検定」のように、以前は価値

があったけれど、今では無くなってしまった

ものがこの世の中には結構存在します。

「ポケットベル」然り、「レコード針」然り、

「カセットテープ」に「フィルムカメラ」・・・

挙げだせばキリがありません。

世の中が変われば、人の心も変わります。

今まで価値のあったものが、ある日突然なく

なったりします。当然のことですが、私達は

そういったことを忘れてしまいがちです。

ビジネスにとって恐ろしいのは、そのことに

自分で気付かないことです。うかうかしていると

取り残されてしまいます。

しかし、私がそのこと以上に怖いと思うのは、

世の中が変わっていくときに間違った方向に

進んでしまうことです。

それは、変化を本当の意味で実感していない

からです。そして、世の中には間違った方向に

進んでいる企業がとても多いように思えます。

現在の経済の中では、企業の本音が世間に

伝わり易くなっています。SNSがインフラ化

したことで、企業が隠し事を出来ない時代に

なったのです。

個人の利益を追求していた時代から、全体の

利益を考える時代へと、社会は変わってきて

います。そして、そのことに世の中も気づき

始めています。

自社の目先の利益にしか興味がない企業や、

社会のことを考えている風を装って、その実

自社のことしか考えていない企業は、これから

の時代では世間に選ばれなくなっていくでしょう。

では、いったいどのような企業が選ばれる

のかというと、一言で言えば「愛のある企業」

です。勿論、企業のみならず人も同様です。

自分の商品やサービスに愛を注ぎ込める人、

お客様に愛情を抱いて繋がる人だけが選ばれる

のです。

でもまあ、今更私が言うまでも無く、ビジネス

とは、ずっと昔からそうしたものですね。

「自分だけ利益を出せばいい」
「自分だけ勝てればいい」

そんな考え方の企業は、この先どんどん世間

から選ばれなくなっていきます。それが世の中

の流れとなります。なぜならそれは真理とは

違っているからです。

ですから、企業は考え方を劇的に変えなければ

いけません。経営の仕方、考え方、方向性、

全てを変えなければならないのです。

昔も今もこれからも、変わらず価値となること。

それは、「社会や人々を仕合わせにする」という

ビジネスの真理に回帰することだと私は思います。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 プラス評価 」
知っているだけでは理解したことにはなら
ない。やってみて初めてわかるのです。行動
しないで失敗しないことより、行動を起こし
て失敗することのほうを評価する。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ