部下は必ず仕事をさぼる

2017.4.14(金)

以前このブログで私は「部下をこき使え」

と書いたことがあります。何故なら、管理職

たる皆さんの身体はひとつ、時間は有限。

となれば、業績を挙げるためにはどうしても

部下に皆さんの意を汲ませ、その意の通りに

動かさなくてはならないのですから・・・と。

部下を動かすことに遠慮などは必要ないです。

どれほどこき使ったところで、部下は必ず仕事

の手を抜いてさぼるのですから。(かつての

皆さんもそうであったように・・笑)

部下のさぼりを極力なくす(完全にゼロに

することは不可能、それはもう諦めて下さい)

ために大切なのは、常に皆さんが部下に対して

「関心を持ち」、そして「かまい続ける」こと。

しかし、ただそうすればいいという訳では

ありません。関心を持つにしても、かまうに

しても、コツはあります。

それは「現場をしっかり見た上で」関心を

持ち、かまうということです。この「現場を

見る」事ができない管理職は以外に多いです。

現場なんて泥くさい仕事は社内の若い奴に

やらせておくものだ。わざわざ俺様が出向く

までもない・・・、などと考えている方が

居られたなら、それはとんでもない勘違いです。

組織では、地位が高くなるほど頻繁に現場に

立ち、現場を知らなくてはなりません。

皆さんが現場を見ないまま、部下と接して

いるとどうなるのか。 結論から先にいえば

「なめられます」。皆さんは部下に関心を持ち

かまっているつもりでも、当の部下は「どうせ

〇〇課長は現場のことなんか知りはしない」

「だったら適当に誤魔化しておけ」という

気持ちでいるのです。

因みに「適当に誤魔化」すというのは「部下が

嘘をつく」ということではありません。数字や

事実は、切り出し方によってずいぶんと異なる

印象を与えます。部下は無意識にもこの違いを

利用して皆さんの目を眩し、怠けようとします。

皆さんは当然、それを潰さなくてはいけません。

少々長くなりますので、本日はこの位にして

次回具体例をあげて続きを書かせて頂きます。

では、また。・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 分析 」
原因または事情を推定することです。分けて、
並べて、比較することです。データの中の
偏った部分を見つけることです。これ以外に
手を打てない。部門別に、大きい順に。
そうすれば、今までわからなかったことが
わかってくる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ