社員教育に力をいれる

2017.4.24(月)

HAPPY BIRTHDAY TO ME~

HAPPY BIRTHDAY TO ME~!

ということで、本日49回目の誕生日を迎え、

最近右腕の筋や肩甲骨裏の筋の痛みに悩まされ、

五十肩の前兆かと恐れ慄いている小生です。

40代最後の一年、気持ちだけは若く持って、

頑張りたいと思います。(笑)

本日は、「職場の教養」4月号より

23日(日)分の記事を紹介します。

タイトル : 時代を超えた能力

======= ここから =======

飛躍的な進化を遂げつつあるAI(人工

知能)は、医療や教育、芸術、法律など様々

な分野において、実用化に向けた研究が進め

られています。

人が何かを判断する際は、これまで身に

つけた知識や経験に基づいて決定します。

今後AIの研究がさらに進むと、過去の膨大

なデータを計算・分析し、学習することで、

人間よりも速くて正確な判断ができるように

なるでしょう。

近い将来、多くの職業がAIにとって代わ

られるかもしれません。そうなると、はたして

人間は、どのような資質や能力が求められる

のでしょうか。

総務省による有識者への調査では、AI

時代に重要になる能力として「チャレンジ

精神や主体性、行動力、洞察力」「企画発想力

や創造性」「コミュニケーション能力やコーチ

ングなどの対人関係能力」といった答えが

上りました。

これらの要素は、現代においても重要なもの

ばかりです。どのような時代でも求められる

のは、詰め込んだ知識よりも、思いやり

積極性、柔軟な発想など、人としての心の

持ち方なのでしょう。

======= ここまで =======

私もあまり賢い方ではないので、前半の

AI云々は正直よく分かりませんが、後半の

今もこれからも人としての心の持ち方が大事

です。という部分はよく分かります。

しかしながら、上に上げられている能力の

どれをとっても私にあるとは思えません。

こんな私が率いるのですから、当然我社の社員

にも、そんな優れた人材は一人もいないです。

しかし、それでも一応きちんと利益を出し、

68年にも渡って営業を継続できています。

どうして、そんな出来の悪い人間の集団なのに

しっかりとやっていけているのか。それは、

ひとえに「環境整備」という活動を中心とした

社員教育に力をいれているからです。

社員教育といっても、特別高度な教育をして

いる分けではありません。(そもそも私自身が

頭が良い分けではないので、難しいことは理解

出来ませんし、ましてや人に教えることなど

不可能です。 笑)

詳細は省略しますが、(このブログでもよく

書かせて頂いていますので、ご興味があれば、

また見てやって下さい。)人として大切な基本

的なことや、会社の方針等を繰り返し、何度も

教えることで、利益の出せる会社に出来ている

のだと思います。

いつの世も、会社にとって一番大切なのは、

その会社で働いて頂いている社員さん達です。

ですから、しっかりと教育しなければなりません。

皆さんも是非、社員教育に力を入れて下さい。

では、また。・・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「 返事 」
遅れると、相手は自分の都合のいいほうに
解釈する。明るい返事をすると心が素直で
謙虚になる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ