部下を支援する

2017.4.25(火)

管理者の役割の一つに、部下をリードして

担当業務をきちんとやり遂げる。というもの

があります。

これに大切なのは、部下を支援すること。

部下は、必ずしも期待に応える仕事をして

くれるとは限りません。そこで、管理者は

絶えず部下の仕事を把握し、支援しなければ

ならないのです。

はじめから仕事の解き方や解答まで教える

のは支援ではありません。部下自身が考え、

苦しむことで、仕事を覚え、能力も向上する

からです。ですから、部下の支援とは、部下

自身が気付くようにヒントを与えること。

となります。

「何か大切なことが抜けてるよ。」とか、

「過去の資料の中に参考になるものがあると

思うよ。」というふうに、ヒントを与えながら

及第点の仕事に近づけてあげるのです。

また、仕事の途中に、部下の能力や実力

では到底乗り越えられない問題が横たわって

いることも少なくありません。

管理者がその障害を前もって予測できる

場合には、部下の目に入らない範囲で取り

除いてやることも支援となります。

部下をむやみにうろたえさせたり、自信

喪失に陥れたりすることは決してプラスに

なりませんし、委縮してしまって、通常では

何でもないことまでミスを犯してしまうこと

にもなりかねません。

部下の能力が低い、意欲が無い、経験が

浅いという場合ほど、支援の手間や回数が

増えます。ですから、部下の能力や人間性

まで正確に理解し、把握しておくことが

不可欠となります。そして、その部下が、

どのような困難に見舞われ、与えた仕事が

どのレベルまでやれそうか、おおよその

見当をつけておくことが肝要です。

支援はタイミングを誤ってはいけません。

歯痒くてイライラすることも多いでしょうが、

簡単に助け舟を出すのは厳禁です。

直接的な支援は、目標達成や時間短縮に

繋がり、イライラしなくて済むでしょう。

しかし、長い目で見れば、部下の依頼心を

助長し、能力向上を阻むことにもなるのです。

管理者は、部下が能力以上の局面に陥り、

放っておけば間違いなくお客様にご迷惑を

お掛けするという状況が差し迫るまで支援

しないという観察力と忍耐力を持つことが

必要です。

皆さんも、正しく部下を支援して下さい。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「 報告 」
上司に自分の手柄を認めさせることです。
1)問題点を一番に報告する。2)数字で
報告する。グラフをつけて(時系列で)。
数が分からないと、受け取り方によって状況
が変わってしまう。3)同業他社の情報。
4)お客様にどのようにサービスするのか。
以上4点でよい。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ