部下を動かすポイント

2017.4.26(水)

部下と一緒に仕事をするためには、部下を

動かす、やる気にさせる。ということをしな

ければならないことは言うまでもありません。

では、部下を動かす為にはいったい何が必要

なのでしょうか。

管理者には管理者としての立場と役割が

あります。もちろん、部下にもあります。

この立場と役割は、お互いが割り切らねば

なりません。でなければ、組織が成り立た

ないからです。

したがって、管理者が部下に、厳しく言わ

ねばならないときは、納得するまで言うべき

です。

当り前の話ですが、部下に指示・命令を

出すのは管理者の仕事ですから遠慮などする

べきではありません。但し、無作為にやっては

マイナスを生じます。部下の個性を理解した

うえで、事情や状況に配慮する優しさも必要

でしょう。

そして、計画したことを実行し、目標を

達成させるためには、そこに怠慢や妥協が

あっては上手くいきません。

部下への仕事の割り当ては、全体的な関連

性の上に立って行うわけですから、命令調に

なることもやむを得ません。

例えば、担当者を交代させる場合も、正当

な理由があれば凛とした態度を貫く必要が

あります。部下のミスや失敗を黙認したり、

取らせるべき責任を不問にするのも間違い

です。もちろん、モノの言い方には注意を

払わなくてはなりませんが、言わないのは

厳禁です。

部下の犯したミスや失敗は管理者の責任

でもあります。共に原因を調査、検証し、

共に反省して責任を分担したりすることで

部下の自信喪失を防ぎ、成長の糧にしてやる

ことが大切です。

皆さんも、こういったポイントをしっかり

と押さえて、上手に部下を動かして下さい。

では、また。・・・・・・

====================
本日の言葉の定義・・・・「 冒険 」
飛躍ができる原動力です。小さな会社は1度
や2度はしないと大きくなれない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ