プロ野球選手と消費税

2013.11.18 (月)

皆さん、お早う御座います。本日は私らしくない
表題ですが、チョット小耳に挟んだはなしを・・・

今年のプロ野球は、東北楽天イーグルスの 「まー君」
こと 田中将大 選手一色の年でした。凄かったですね。

今季リーグ戦負け無しの24連勝。恐らく彼の人生の中でも、
1・2を争う充実感を得られた年度となる事でしょう。
私も、同じ「まー君」としてあやかりたいです。(笑)

 

ところで、プロ野球選手の報酬に対して消費税が課せられて
いるという事を皆さんは御存じでしたか?(私は知りません
でした。) スポーツ選手に消費税とは、何かそぐわない
気がしますが、考えてみればプロスポーツ選手も個人事業主
ですね。 プロスポーツ選手と消費税の関係について、
国税庁は次のように公式見解を述べています。

『プロスポーツ選手は第五種事業に該当するものとして
取り扱う。~~ ( 中略 )~~ プロスポーツ選手は、
契約により試合に出場してスポーツという娯楽を提供
しているものだから、日本標準産業分類の「その他の
興業団」(生活関連サービス業、娯楽業)に準ずるもの
として第五種事業として取り扱うこととする。』

契約条件は消費税込みなのかどうか分かりませんが、
選手報酬は年俸契約で決まるのがほとんど。
第五種事業に属する為、みなし仕入率は50%となり、
その基準に準じた消費税を所得税の他に納税すること
になります。

間もなく 消費税10% が到来します。
プロ選手もうかうかしていられませんね。

では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ