夢は口に出せ

2017.5.1日(月)

 

人間の体は食べ物でつくられます。では、

心は何によってつくられるのでしょうか?

それは言葉です。心は自身の発する言葉に

よってつくられます。言葉を使わずに何かを

考えることは出来ません。ですから、どんな

言葉を使うかによって、思考・人格にも影響

を及ぼすのです。

そして言葉の使い方をトレーニングして

自分自身の発する言葉を磨き、口に出して

いくことは、自分の思いを磨くこと、自分の

人格を高めること、さらには自分の思いを

実現することにも繋がります。

思いを実現することを、「夢を叶える」と

言います。「口にするのが恥ずかしいくらい

の夢を持て。そして、常にそれを口にせよ」

と言われた方がおられます。そう、夢は口に

するべきもの。口に出し続けてこそ実現する

ものなのです。

では、自分がどのくらい本気なのかをどの

ように知ればいいのか。それを確認するバロ

メーターがあります。

1つめは、【恥ずかしいと思っていないか】

夢を口に出すことが恥ずかしいと思っていた

ならば、その思いは本気ではありません。他人

にどう見られるかを気にしているようでは、

本気とは言えません。

2つめは、【誹謗中傷もアドバイスと思えるか】

確かに今の自分にはまだ無理な夢かもしれない。

それでも、誹謗中傷さえ真摯に受け止め、改善

すべきところは改善する。これが出来れば、

本気です。

そして3つめは、【協力者が現れるかどうか】

「あたなのその夢を実現するために、こんな

人の協力を仰いだらどうか」「私にもお手伝い

させてください」。こういう人々が現れたら、

あなたの本気度、つまり熱意が周囲に伝わっ

ている証拠です。

ジョン・レノンの妻で、音楽家のオノ・

ヨーコ氏は、「1人で見る夢は夢でしかない。

しかし、誰かと見る夢は現実だ」と言いました。

そう、「熱意は人から人へ伝わる」のです。

人に言うのが恥ずかしいほどの夢を持ち、

それを口にする。それは自分自身が本気になり、

一生懸命やるということなのです。その思いが

本気であれば、助けてくれる人は必ず現れます。

はるか遠くにあると思っていた夢も、臆する

ことなく口にして第一歩を踏み出してみると、

世界は必ず変わってきます。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 訪問 」
「あなたの会社に仕事をお願いするよ」と
言われるように活動することです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ