会社を動かすエンジン

2017.5.9日(火)

事業の成功も失敗も、全てはマーケティング

の善し悪しにかかっています。正しく活用

すれば、企業経営においてマーケティングほど

大きな利益を生んでくれる道具は他にはあり

ません。

マーケティングとは、自社の商品やサービス

を中心に置くのではなく、お客様のニーズに

焦点を絞り、喜びや満足を叶えることです。

ちなみに、マーケティングを抜きに皆さんの

扱う商品・サービスを売ろうとすれば、茨の道

を歩むことになります。

高度に成熟化された今の市場では多くの商品が

コモディティー(ありきたり)化します。コモ

ディティー商品は価格が勝負のポイントとなり

ますので、同じような商品なら、当然安い方が

良いに決まっています。「安さの価値」は、

誰にとっても同じですから、マーケティング

の仕組みは必要ありません。

しかし、コモディティー商品と反するのが

付加価値商品です。皆さんの商品・サービスを

付加価値商品にするためにはマーケティング

欠かせません。

皆さん(自社)の市場が何を望んでいるかを

理解できていないことが、利益をあげられない

最大の理由です。

自分のニーズや望みを満たしてくれて、

不満や不安や心配を取り除いてもらえるなら、

人はいつでも喜んでお金を払います。

お客様の望みは、明らかな時もあれば、

そうでない時もあります。

お客様を固有名詞で捉えることで、そこに

埋もれている「隠れたニーズ」を汲み取る

ことで、そのお客様の「喜び、願望」を叶える

ことです。

お客様が求めているものを見つけ出し、

それに合わせて常に方向を修正していくことが、

皆さんの責務なのです。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 変革 」
組織を変えることです。人は組織に存在する
以上、組織を存続させようとする。そのため
不要な仕事をつくる。変革への一番の近道は、
人を代えることです。その部門について知ら
ない人のほうがよい。過去を知っていると、
人間的なしがらみや情がからみ、変えること
をためらう。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ