マーケティング活動

2017.5.12日(金)

マーケティング活動とは、単純に企業のみが

利益をあげる仕組みづくりではなく、顧客と

企業の両方が継続して喜び、Win Winの関係を

構築するということになるでしょう。

なぜなら、1回きりの商売ならその場限りの

対応でもOKですが、企業は継続して売上げを

上げていかなければならないからです。

顧客に対して1回の喜びを2回、3回と提供

し続けなければならないのです。つまり、時代

の変化と共に、その環境に応じた喜びを顧客に

与えることが必要ということです。

又、顧客も、その価値に応じて対価を払う。

これが、永遠に続く顧客と企業の関係です。

お互いが喜ぶような関係でなければ、長くは

続きません。企業は、顧客ニーズを捉えて、

喜ばれる製品・サービスを作るように努め、

購入してもらって喜び、顧客は、その製品・

サービスを消費することで、自分の価値感、

満足感を満たして喜び、そして企業に感謝する。

このような好循環の関係をつくることが

マーケティングの究極の目的なのです。

マーケティング活動の最初のステップは、

まず自分を知る、自社を知ることです。そして、

次に相手(顧客)を知ること。その相手の訴求

するポイントをつかみ、製品・サービスを

開発する。そして、顧客の受け入れられる価格

設定を行い、紹介できるチャネルを探し、

そこに製品・サービスを紹介する。

購入される場が整ったら、そのことを顧客に

向けてプロモーションし、購入される機会を待つ。

マーケティングは「売れる仕組み」を構築

していくことであり、売れる仕組みは、時代や

その会社の環境によって変化するのです。他の

会社がうまい仕組みを作ったからといって、

自分の会社でそれが成功するとは限りません。

営業会社であれば利益を出し続けなければ

なりません。そのために皆さんは様々なやり方

・考えをもとに必死に取り組んでいるはずです。

しかし利益が出ない。どうしてか。・・・

それは、今までと同じやり方を続け、「努力

すれば、一生懸命やれば必ず成功するはずだ」

と、考えているからです。「商品がいいのになぜ

売れないのか?」「どう、お客様を説得すれば

いいのだろうか?」「うちの営業マンのセールス

スキル・商品知識のレベルが低いのか?」「価格

が高いのか?」「営業マンの熱意・誠意が足り

ないのか?」「景気のせいか?」等、売れない

理由のすべてを売り手側の視点に立って発想

してしまっているからです。

過去の情報不足の時代には、売り手からの

一方通行の情報発信が全てでした。

しかし時代は変わり、顧客主導の時代に入り、

お客様の買い方が変化したのです。

それはITの進歩により、売り手側以上に

お客様が豊富な商品知識を持ち始めたからです。

買い方が変化したのだから売り方を変えるのは

至極当然のこと。皆さんも時代に合わせて、

自社の売れる仕組みを変化させて下さい。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 訪問件数 」
お客様のところに行った件数。大切なのは
訪問回数です。回りきれない時は、訪問回数
を減らさないで訪問件数を減らす。
彼女(彼氏)の候補がたくさんいることです。
====================

 

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ