先ずやる

2017.5.15日(月)

本日は「職場の教養」5月号より

14日(日)分の記事を紹介します。

タイトル : 三猿の教え

======= ここから =======

「見ざる・聞かざる・言わざる」の三猿で

有名な日光東照宮。その前後に、人間の一生

を象徴した、合計八場面の猿の彫刻があるこ

とをご存知でしょうか。

1) 手をかざして遠くを見ている母猿(子

供の幸せな未来を願う)。 2)見ざる・聞

かざる・言わざる(幼少期は悪いことを見た

り、聞いたり、話したりせず、素直なまま育

ってほしいという親の思い)。 3)座って

いる猿(独り立ち直前の様子)。4)上を見

上げている青年期の猿(星雲の志を抱く)。

5)下を覗き込む猿と背中に手を当てる猿

(困難に直面するが、周囲の励ましで乗り越

えていく)。 6)もの思いにふける様子の

猿(恋愛の悩みを通して成長する)。7)仲

睦まじい二匹の猿(夫婦で荒波を乗り越えて

いく)。8)お腹の大きい猿(子猿もやがて

自分が親となり、やっと親の苦労がわかる)。

これらの彫刻は、人間の生き方を示す手本

でもあり、子を思う親の愛情の深さを教えて

くれています。職場人として、家庭人として、

親の思いに応えることができるよう、今を精

一杯生きていきましょう。

======= ここまで =======

私も三人の子を持つ父親です。上記にある

ように、自分が親の立場になってみて初めて

本当に親の有り難さが分りました。

小さい頃から色々なところでこの話を聞か

されて来ているので、頭の中(自分では心の

底から位に感じていた)では、親というのは

有り難いものと理解しているつもりでしたが、

実際に自分が親の立場になり、子育てをして

いく中で「ああ、全然分かっていなかった」

と痛感したものです。

これはどういうことか。つまり、人は自身

に体験・経験のないことは、本当の意味では

理解できない生き物なのだということです。

ですから、どれだけ学習して知識を詰め込

んでも、単なる知識だけでは何の役にも立た

ないという事実をしっかりと認識しなければ

ダメだということです。

勿論、学習は必要です。しかし折角の学習

も、実践が伴わなければ学習していないのと

大差はないのです。

学習⇒実践⇒検証⇒改善⇒実践・・・この

繰り返しをしてはじめて本当に身につく(学

習が生きてくる)のです。

私は今、「取敢えずやってみる」「先ずやる」

「直ぐやる」これらのキーワードを大切にして

います。成長を続けられる人とは、最初の一歩

を躊躇なく踏み出せる人だと考えています。

何事も先ずやってみて、やりながら考えれば

良いのです。不都合に出会えば都度対策を打

てばいい。やらなければ不都合が有るかどう

かも分からないのですから。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 ほめる 」
人を元気にさせます。1)成果を上げた時。
2)目標を達成した時。3)順調に仕事が進
んでいる時。4)失敗を自ら反省した時。
5)問題を発見した時。6)進んで協力した
時。7)新しい提案がなされた時。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ