ツールで信頼感、安心感を売り込む

2017.5.16日(火)

どうして、お客様は自社(我社)から購入

してくれたのだろうか? 皆さんは考えた事

があるでしょうか。考えた事がないという人

は、一度じっくり考えてみて下さい。

きっと、そこには様々な理由が存在する

はずです。例えば、「すごく感じのいい人だ」、

「この人なら安心して任せられそうだ」、

「テキパキと行動する人だ」、というように、

見た目で判断していることが大多数です。

もちろん、自社(我社)がお客様から見た目で

判断されたことの期待を、裏切らないことは

言うまでもありません。そして、顧客となった

後も、継続して顧客接点の拡大を図ることが

大切です。

人がものを購入する理由は「理屈じゃなく、

感情である」ことは何度かお話してきました。

これらを考えると、「小冊子」「お客様の声」

「ニュースレター」「はがき」などの活用が、

いかに効果があるかを分かって頂きたいのです。

これらの営業ツールは、自社の商品やサービス

の案内をするものではありません。見込み客の

問題解決をメインに、役立つものを作ることが

最も重要です。上手に使いこなせば、あらゆる

セールスで活躍してくれるでしょう。

お客様が目的の商品・サービスを購入しよう

とする時、真っ先に頭に浮かび、連絡する先は

自社でしょうか。

営業において、決して売り込みのセールスを

行わなわなくても、セールスは可能です。

セールスツールは「売る」ためのものではなく、

「売れる」ためのものなのです。「どうすれば

売れるか」ではなく、「どうすれば購入して

くれるのか?」を考え、実行する手段の一つ

としてこれらがあるのです。

どうして、見込客はこうした小冊子やお客様

の声を欲しがるのでしょう?それは、見込客は

情報が欲しいからです。

知りたいのは、商品やサービスの内容(特徴)

や価格ではなく、商品やサービスの正しい選択

基準です。

さらに、見込客はその商品やサービスを扱って

いる人や会社についても知りたがっています。

それは、同じような商品やサービスを取扱う

多くの同業者の中から、誰(どの会社)を選んで

いいのか分からないからに他なりません。

従って、商品やサービスの正しい選択手段と、

自社(担当者)の人柄や仕事に対する姿勢を

盛り込んだ小冊子や、お客様の声を使えば、

一瞬で大量の見込客を集め、魅了できるように

なるかも知れないということです。

もし皆さんが、「少ない予算と労力で見込客を

集めたい」「競合との差別化を図りたい」

「売り込まずにセールスを完結させたい」

「お客様から感謝されたい」「紹介を増やしたい」

などと考えるならば、ぜひ皆さんに合った

やり方を見つけ、ひとつずつ確実に実践する

ことをお勧めします。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 ボロ会社 」
管理する人が増加する。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ