環境整備は、気付きの感性を養うもの

2013.11.21 (木)

昨日の続きをもう少し・・・

もうひとつ理由が有ります。
物的環境整備は、一見単純作業
のように思えるかも知れません。
しかし、毎日徹底的に続けるのは
意外に簡単では有りません。
そもそも環境整備に取り組む人間の心が
一定ではないのですから、最初の内は、
ばらつきが出るものです。(我社もまだ
まだこのあたりに居てます。)
それでも徹底して続けると、やがてやるべき
環境整備以外の場面でも、「ここが汚い」
などと気付けるようになります。
このような感性が養われた先に、ようやく
変わり続ける「お客様の心」に気付ける
域に到達します。

野球選手の基本はキャッチボールです。
傍からは単純に見えますが、一流選手は絶対
おろそかにしません。 一球一球丁寧に
投げる中で、僅かな体調の変化やフォームの
乱れに気付くことが出来ます。

会社も同じです。床に落ちたゴミや壁の汚れ
といった、明らかに目に見える物を見逃す
人間が、どうして転変やまないお客様の心を
推察出来るでしょうか?
気付ける感性を養えたとき、お客様の心にそった
仕事が出来ます。 するとお客様は初めて、
「花と実(売上・利益)を採っていいですよ。」
と言ってくれるのです。

2日間に渡って読んで下さった方、本当に
有難う御座いました。
この件はこの辺りで・・・
では、また。・・・ 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ