人の心理を無視するな

2017.5.22日(月)

本日は「職場の教養」5月号より

本日(5月22日)分の記事を紹介します。

タイトル : 仕事の勘所

======= ここから =======

T子さんは、人前に立つと聴衆の視線が気

になり、極度に緊張してしまいます。そんな

彼女が仕事のプレゼンテーションを任された

のです。

本番数日前、ガチガチに緊張していたT子

さんを心配した上司が、次のような助言を

しました。準備を完全にすること。徹底的に

練習すること。そして最後に、それらは全て

聞いている人の立場に立って行うように、と

いうものでした。

準備をする中で、T子さんは、あることに

気づきました。それは聴き手を意識していた

ようで、気になっていたのは自分の見られ方

だったということでした。

それからは、徹底して聴き手の視点で準備

をし、練習を重ねました。本番は落ち着いて

話せただけでなく、熱の籠った説明ができた

といいます。

話し手にまず問われるのは、その見られ方

よりも、伝えたい内容がどれだけ聴衆に伝わ

るかということでしょう。T子さんは、その

勘所をつかんだのでした。

仕事の勘所を掴むコツは、目的をしっかり

と把握することです。この仕事は何のために

行うのかを問いつつ、より良い仕事をしてい

きたいものです。

======= ここまで =======

記事中に「全て聞いている人の立場に立っ

て行う」とあります。本当にその通りだと私

も思います。そして、このことは一人称で完結

すること以外の全てに当て嵌まると考えています。

会社の営業も、お客様視点で考えて行われて

いなければ、やがてお客様は離れて行きます。

また、社員への指示や命令にしてもそうです。

彼(彼女)らがどう思い、どう考えるかという

心理をしっかりと把握したうえで、彼(彼女)

らが、納得して動けるように教育を行ったり、

状況を整えてから指示すればきちんと応えて

くれるものも、心理を無視した指示や命令ばかり

を行っていれば、彼(彼女)らは力を発揮して

くれません。

このように、相手のある事柄は、全て相手の

心理を読んで自分の都合がいいように動くには

どうすれば良いかをよく考えて行動しなければ

なりません。人の真理を無視して上手くいく

ことなど有り得ないのです。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 本当のこと 」
利害関係がない時に言う。怒ると言う。クレ
ームなどは、真剣に話を聞かせて頂く。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ