NGマナー

2013.11.22 (金)

そろそろ忘年会シーズンに突入ですね。
我社は少し早目の12月7日(土)に
開催いたします。 忘年会をはじめ、
年末年始は和食を食べる機会が多くなる
ことでしょう。そこで、和食の作法として
「9つのNGマナー集」なる記事を目に
しましたので、本日はその記事を紹介します。

~~ ここから ~~

1.強すぎる香水
  和食は香りも重要な要素。大振りの指輪や
  ブレスレットも器に傷を付ける事があるのでNG

2.割り箸を御膳の上で割る
  ヒザの上で横にして上下に割ります。
  左右に割ったり、箸先を擦るのもNG

3.料理に手を添える「手皿」
  箸でつまんだ料理に手を添える「手皿」は
  一見上品に見えますが、マナー違反。

4.真ん中から食べる「畜生食い」
  料理を器の真ん中から食べるのはNG。
  端から手を付けるのが作法です。

5.箸を逆さにして取り箸にする。
  箸の上の方は手で持っていた場所なので、
  綺麗では無いとされています。

6.果物の皮や種を散らばらせておく
  見苦しくならない様、一箇所に集める
  ようにします。魚の骨も同様。

7.お椀のフタを裏返して閉じる。
  フタを傷付ける可能性があるのでマナー違反。
  同じ理由で、食器を重ねるのもNG。

8.背中を丸める「犬食い」
  器を置いたまま背中を丸めて食べるのは
  見苦しいものです。

9.口の中のものを指でつまみ出す。
  口に残ったものや歯に挟まったものは、
  箸先で取るのがマナーです。

~~ ここまで ~~

どうでしょう。結構面白くないですか?
私も普段何気なくしてしまっている行為が
ありました。(恥ずかしいですね。)
これからは気を付けます。

でも、一番大事なのは、「素材」「生産者」
「料理を作ってくれた人」「食べることが出来る事」
その他いろいろな事に「感謝」して頂く事ですね。

本日はこの辺で・・・では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ