社員の心を変える

2017.5.31日(水)

本日の表題に入る前に、先ず「優秀な社員」

の定義から入りたいと思います。

皆さんが考える「優秀な社員」とは、どんな

社員さんでしょうか。人それぞれいろんな考え

があるでしょうが、誰でも理解できる重要な

事柄と言えば、「数字ではっきり分かる結果を

出している」ということでしょう。

では、この条件を満たすのに必要なことは

何でしょう。それは、「他の人がやっていて、

結果が出ていることを、そのまま真似できる

こと」です。私が社員に対して、何より求める

資質です。

なぜなら、数字ではっきり分かる結果を出す

うえで、最も手っ取り早いのは、既に結果を

出している方法を、そのまま真似ることです。

新人ならば、成績のいい先輩に同行して、

挨拶からセールストーク、身だしなみから資料

の作り方まで、寸分変えずに真似る。管理職

なら、成績の良い部署の部長や課長のやり方を

よく観察し、完全にコピーする。経営者なら、

業績のいい他社を視察し、その会社がやって

いることを、とりあえず全部真似てみる。

このとき、同業他社を真似るより異業種の成功

企業を真似するほうが、ライバルの一歩先を

行ける可能性が高く、お勧めです。

しかし、この「結果が「出ている人のやり方

をそのまま真似る」ことが出来る人は、あまり

多くは居ません。ほとんどの人が行動する前に

考えてしまうからです。

結果が出ている「いい方法」を見つけた時、

直ぐにそのまま真似ればいいものを、「もっと

いい方法はないか」と考えて、自己流にアレンジ

してしまう。

社員でも経営者でも、このように「行より考」

のタイプの人は、なかなか結果が出ません。結果

を出すのは、「考より行」の人達です。

前置きが少々長くなりましたが、そこで表題の

「社員の心を変える」ですが、これはなかなか

一筋縄ではいきません。多くの社長や幹部が、

「社員の心を変える人材教育」に取り組んで

いますが、その大半は失敗に終わります。

かくいう私もたくさん失敗してきました。

この失敗の理由は、社員の心を変えたいと

強く願うあまり、社員の心に直接、訴えかける

からです。

著名な講師を招いて、研修会を開いたり、

セミナーに参加させてみたり、あるいは、

「心を一つに頑張ろう」と朝礼等で全員で

気勢を上げてみたところで、抜本的な解決

にはなりません。

人の心とはとても不安定なものです。

上記の事柄で一時は膨らんだ心の風船も、

帰宅して、奥さんにちょっと嫌味を言われた

だけで、一瞬にしてプシューとしぼんで

しまいます。これほど不安定な心というもの

に、いくら栄養を与えたところで、その効果

は長続きしません。

ですから私は、現在は社員の心に直接働き

かける教育はしていません。形なき心より、

形あるモノに働きかけています。その筆頭が

環境整備。特に整頓です。仕事に使うモノを

所定の位置に、所定の置き方で戻す。この1点

に絞って徹底させます。

何故整頓なのか。そもそも私が社員に求めて

いるのは、「自分より結果を出している優秀な

人がいたら、その人の仕事のやり方をそのまま

真似る」こと。仕事で成長するには、この様な

「デキる人の真似」を素直に実行できること、

「素直な心」を持つことが大切なのです。

だからこの素直な行動の重要性を、社員に

納得してもらうのに最良な「整頓」を重要視

しているのです。

他人の勧めることを、たとえ嫌々ながらでも、

とりあえずやってみる。これはとても大事な事

です。そこには社会人として成長するための

普遍のセオリーが隠されています。

しかし、「やるべきこと」と「そのメリット」

が抽象的だと人はその真理になかなか気付け

ません。だから、整頓なのです。整頓は、気の

進まないことを「目に見える形で実践」する事。

そしてその結果として「目に見えるメリット」が

得られます。だから誰もが「デキる人を真似る」

「勧められることを嫌々でもやる」ことの意義

に気付けます。

「形から入って心に至る」

これが、整頓を通じた人材教育の極意です。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 負け 」
感情が先に立っているからです。企業には
許されない。攻撃目標と競争目標は場面ごと
に決める。
====================

 

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ