上手な気分転換

2013.11.27 (水)

仕事に対していつも新鮮な気持ちで
接する為には上手な気分転換が必要です。

でも、うっかりおかしな気分転換法を
見つけてしまうと、そちらに気持ちが
向いてしまって、気分転換が目的なのか、
娯楽が目的なのか、分からなくなって
しまいます。(笑)

元気主義が売り物のデザイナー・山本寛斎
さんは、いかにも彼らしい気分転換法を
実践しているそうです。

いくら元気が売りの彼でも、落ち込んだり、
悩んだりする時があるはずですが、・・・

そんな時彼は、朝早く起きて、ちょうど昇って
くる朝日の光を全身で浴びるといいます。
清々しい朝の空気と眩しく輝く大きな太陽。
いかにも彼の大胆なデザインを思わせる光景だし、
元気が漲って来るのもなるほどと思わせます。
(昨日のブログの内容と少しかぶってますね。笑)
第一、お金の必要も無ければ、誰にも出来る
という点がよいではありませんか。

赤提灯で一杯だとか、パチンコに熱中するのも、
たまには良いでしょう。しかし、寛斎流の
気分転換法を一つ見つけることが出来れば、
毎日の生活もリフレッシュされるのではないで
しょうか。

私の気分転換法は以前にもご紹介させて
頂きましたとおり、仕事帰りにスポーツジム
で汗を流す事です。「タダ」では有りませんが、
それほど沢山の費用が掛るわけでもないですし、
健康維持と運動不足解消にも丁度良いですよ。
(ちなみに私の通っているジムは、平日晩会員で
約 ¥6,000/月 程です。)

仕事の出来る人は皆、気分転換術にも長けています。
要は、気持ちの切り替えが早く、決断も早いのです。
いつまでも同じ所で悩み立ち止まってはいないのです。
反省は必要ですが、うじうじ悩んでもいい答えはまず
見つかりません。すぐに切り替えてとにかく前へ進む
事が大切です。

では、また。・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ