リーダーの条件

2017.6.15日(木)

組織とは一人ではできない仕事を多くの

人達が協力してやろうという考えの下に生ま

れたものです。

さらに組織は一人ひとりの力を協働させ、

一人プラス一人を二人として考えるのではなく、

これを3にも4にもするシナジー効果を発揮

するのが、組織のあるべき姿なのです。

そして、シナジー効果を正しく理解して組織力

を発揮させるのがリーダーの力です。

リーダーの条件・役割とは、自社の経営理念

を理解し、その実現のために高い能力をもって

経営者を支援することです。

企業の規模や方針などによっては、経営者が

すべてを掌握し、とくにリーダー(管理者)

を置かない場合もありますが、企業の規模が

拡大したり組織化が進んだりした際に、片腕と

なって組織運営を行い、企業の発展を共に

目指してくれるリーダーの存在は大変心強く、

大きな強みです。

リーダーといっても、いくつかの段階に

分かれますが、最終的には経営者の理念や

考え、問題意識を共有し、その意向に沿った

方向に組織を導くことができ、また経営者

不在時には、経営者の代わりとして業務を

遂行できるような人材であるべきです。

リーダーとはその言葉からは、「成果を

生み出すために部下たちを管理する」、

つまりマネージャーとしての役割が強調

されがちですが、当然ながら彼らはリーダー

シップを発揮し、部下たちを強力に牽引する

ことも必要です。このことを改めてリーダー

たちに認識させる必要があります。

リーダーは本来、経営者の分身として、

与えられた組織の力を最大限に引き出し、

業績をあげるためにリーダーシップを発揮

させるべき存在です。

部下たちを育てることが上手なリーダーは、

まず部下が自分の力で成長するための仕組み

を整えます。(ここでいう仕組みとは、部下が

自分の正しい努力の方向性を見極め、実際に

それを日々実践していくためのすべての仕組み

を指します。)

部下の目指すべき姿を明らかにし、部下の

成長の進捗を確認するための定期的な面談を

設けるなども有効な仕組みでしょう。

我々経営者は、こういう良きリーダーの育成

に力を惜しむべきではありません。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 満足 」
長続きしないものです。成功とか幸せは他人
からの評価にすぎず、時間がたつと、人は
欲深いもので常に上を追い求めてしまう。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ