中堅リーダーとしての自覚

2017.6.16日(金)

人は特別な意識をしていなくても、日々の

生活の中で自然に適切な役割を果たすことが

できています。 自然に適切な役割を果たす

ことが出来るのは、他でもない自分自身の

スタイルを役割に置き換えて行動している

からです。

リーダーは、「リーダーとしての私」という

役割を果たすことになりますが、多くの中堅

リーダーは、リーダーとしての役割を果たす

ために「理想のリーダー像」をイメージし、

その通りに演技をしようとします。

中堅リーダーが理想のリーダー像をイメージ

して演じる努力は否定されるものではありません。

しかし、最後まで理想のリーダーを演じきる

ことができる中堅リーダーは少ないのが現状です。

例えば、「本来、仕事中は非常に厳しい表情

をする人」が中堅リーダーになったことを

きっかけに「仕事中は常ににこやかな表情

をする人」を演じたとします。 この場合、

周囲の社員はにこやかな中堅リーダーに親しみ

を感じるかもしれませんが、当の中堅リーダー

は常に業務以外のことを意識しなければならず、

どこかぎこちないことでしょう。

また、「にこやかな表情」は一つの役柄に

すぎないため、ふとした拍子に、本来の「仕事

中は非常に厳しい表情をする人」に戻って

しまいます。この変ぼうをみた周囲の社員は、

一体どちらが本当のリーダーなのだろうと

疑問に思うことでしょう。

特にマネジャー偏向タイプの中堅リーダーは、

「皆に信頼され、好かれるようなリーダーに

ならなければならない」と考え、その理想像を

演じようとします。これは「社員のために我慢

する」ことが、リーダーとしての美学であると

勘違いをしている例といえるでしょう。

演じることと自分のスタイルを曲げること

は違います。リーダーの言動には常に一本の

筋が通っていなければなりません。にこやか

でいることが自然なのであれば終始にこやかに、

厳しくすることが自然なのであれば終始厳しく

すればよいということですが、実は、表情は

さして重要なポイントではありません。

リーダーには、・時間をかけてでも、自分の

スタイルを周囲に受け入れてもらうこと。

・組織を力強く導くこと。 が求められている

のです。

リーダーの仕事は、常ににこやかな笑顔を

振りまくことではありません。必要であれば、

多少の衝突も覚悟して、組織を正しい方向に

導き、成果を上げることなのです。

中堅リーダーである皆さまは、どうかここを

しっかりと理解して下さい。

では、また。・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 ミス(1) 」
部下のミスは上司のミスです。自分のミス
と思い善処する。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ