部下を動かそうとしてはいけない

2017.6.22(木)

部下というものは思い通りに動かないもの。

つい愚痴をこぼしたくなってしまいます。

「どうしてもっと頑張れないのか?」
「彼(彼女)は、やる気がないからダメだ」
「なぜ、言う通りに動かないんだ」

業績が落ちると、イライラや焦りによって、

声高に命令してしまいます。しかhし、これ

では決して部下は動いてくれません。

マネジメントとは、【人を動かして事を成す】

ことです。人を動かすためには、逆説的ですが、

「動かそう」としてはいけないのです。相手を

変えようとするのではなく、まずは自分が変

わることです。「相手のために自分は何が出来

るのか?」と考えて行動することです。

例えば、「玄関をきれいにしなさい」と言っ

ても出来ない部下に「きれいにしろと言った

だろう。今日中にやり直し!」などと言っては

いませんか?

部下にしてみれば、
「お前のやり方が悪い」「お前が悪い」

と否定されているような気持ちになります。

「やったのに、上司は分かってくれない」
「急な仕事が入って出来なかっただけなのに
現場を分かっていない」

といった類の不満がすぐに出ます。これでは

信頼関係を築くことも難しくなります。

そうではなく、「相手が玄関をきれいに

できるようになるために、自分には何が

できるのか」と考え、一緒に解決していく

のがマネジメントです。

まず「いつ行うか」を一緒に考えて実現

できる予定を立てます。そして、「どのよう

になったら、きれいという状態か」を明確に

します。例えば「キュッと音がするまで磨いて

下さい。」等が一例です。

そして予定時間が過ぎたら、一緒にチェック

をします。どこが良くてどこがダメかが分から

ないと納得しません。ダメ出しもいいのです。

評価することが大切なのです。期待通りに

できていない場合には、また基準を明確にし、

掃除道具をどう使ったらきれいになるのか、

手順はどうなのか、などを説明します。

そして、小さな成功を褒めることも忘れずに。

相手が動かないと思ったら、相手を責めたり、

無理に変えようとしてはいけません。

マネジメントとは、相手ではなく、先ずは自分が

変わることで部下を動かすものなのです。

いきなり相手に「変われ」と命令しては

いけません。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 身だしなみ 」
清潔が一番です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ