当たり前の好感度

2017.6.28(水)

就職面接対策などで、好感度を増すための

トレーニングや挨拶の仕方などを学んだ人は

少なくないでしょう。ところが、実際に職場に

来てみると、気後れしたり、恥ずかしがったりで、

笑顔を見せたり、声を出したりして挨拶ができ

ない人が案外多いです。

わざとらしいと思われるかもしれませんが、

第一声で 「おはようございます」 の一言が

朗らかな声で言えたなら、それだけでも第一

印象が変わります。何かを教えてもらったり、

してもらった際にも、「ありがとう」 と笑顔

で言えるかどうかで、やはり印象は大きく違う

でしょう。こういう当たり前のことができるか

どうかが、上司や同僚の認知の枠組みを変えて

いくのです。

また、職場では、分からないことが次々と

出てきます。その際に、素直に上司に聞く姿勢が

意外に好感度を上げます。分からないことを

分からないままにしておくのでなく、ちゃんと

聞いて、できるようになろうとする姿勢が熱心さ

や誠実さに映ることは珍しくありません。

多くの場合、上司が嫌がるのは、分からない

のに分かった振りをされて、後でミスをする

ことの方なのです。

上司の方も、部下に分からないことを教える

事は、実は、多くの場合気分がいいものです。

優越意識をくすぐられるうえに、自分が尊敬

されたり、重視されているという感覚を得ら

れる(自己愛が満たされる)からです。

この自己愛が満たされているときが人間には

至福の時なのです。そして、自己愛を満たして

くれる人間を、多くの場合は、好きになったり、

好感を持ったりします。(上司が忙しすぎて、

あれこれと質問されるのがうざく感じるときは

確かにあるようですが・・・)

上司であれ、同僚であれ、相手のことを

なるべく好きになったほうがいいです。

さらに、好意を持っていることをはっきりと

示したほうがいい。自分が好かれていると思うと、

自己愛が満たされ、相手のことを好きになる

ことができるから・・・

いずれにせよ、ビジネスパーソンたる者、

職場で力を十二分に発揮するには、自分の能力

以上に、好感度が大切であるということを

心しておきたいものですね。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 見抜く 」
下の人は3日あれば、上司の能力がわかる。
下から見ると、上がよくわかる。上司が下を
見抜くのには3年かかる。上からは視界ゼロ。
また女性は結構よく見ているものです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ