心を統一する

2017.7.4(火)

組織にとって必要な人材とは、「社長の

方針を実行できる人」です。社長の方針に

「お言葉ではございますが」と反抗する社員

はダメです。

社長の示す方針は、かつて社長自身あるいは

経営幹部がトライし、失敗し、そして試行錯誤

の末に成功した体験を下敷きにしています。

一方で社員はそういう体験がありません。

ですから命じられたことにあれこれ疑問を

挟まず、即座に実行すること。それが何よりも

早い成功への途です。

つまり、素直な心を持った社員が大切だと

いうことです。全社員が素直な心で統一されて

いることが会社にとっては最良です。

しかし、「心を統一する」と口で言うのは

簡単でも、実行するとなると難しい。これを

実行するには、「形を整える」ことが最良なの

です。ペンの向きを揃える。車は決められた

ところに決められたように駐車する・・・。

そうやって常に形を整えておけば、心は統一

を維持できます。

「形から入って心に至る」という言葉が

あります。形が出来るようになれば、後は

自然と心がついてくるのです。

環境整備ではとにかく形を整えることを

徹底して指導しています。掲示物はきちんと

高さをそろえて平行にすること。ペン類は向き

をそろえて置く事・・・。その他もろもろの

決まりを作り、さらに、定期的にチェックして

実行状況をその部署全体の賞与評価に反映させ

ることにしました。これで社員は嫌でも形を

そろえざるを得なくなります。

「やらざるを得ない」ようにすることこそ、

仕組みです。現実にはペンの向きがそろって

いなくても、仕事に支障が出るわけではあり

ません。しかし、形をそろえることが大切

なのです。ペンの向きを同じにするという

簡単なことをたくさん積み重ねることで社員

の心もそろいます。

普通のやり方では、全社員の心を一つにする

のは不可能です。心はちょっとしたことで

揺らぎます。なかなか安定しにくいものです。

しかし、形を整えること、すなわち各自が

決められたものを決められた場所にきちんと

整頓すると、心がそろってくるのです。

このことが大切な仕事として昇華したとき、

社員全員の行動に心がこもる。ひいては

サービスに心がこめられ、お客様の信頼を

勝ち取ることが出来るのです。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「 無関心 」
愛のないことです。口に出したり、行動に
表さないと、気持ちが伝わりません。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ