大きな器量で

2013.11.29 (金)

成功は全て自分の力によるものだとして、
自分の力量や努力を強調する人がいます。
こういう人に限って、失敗は他人のせいに
したがるものです。これでは一緒に仕事を
するパートナーはたまりません。

このような状況が続けば、やがてパートナー
を組む人はいなくなってしまいます。
「一人でやるから結構」と強がってみても
社内で信頼を得られない様な人に、どれほど
のことができるでしょうか。

ついこの前、「千と千尋の神隠し」や「となりの
トトロ」などのアニメーションで知られる
宮崎駿さんが突然、引退しました。
アニメーションで人や物の動きを滑らかに
見せる為には、一秒間に最低二四コマの絵を
描く必要があるそうです。 では、一時間の
映画ではいったいどれほどの枚数を描かなければ
ならないのでしょうか。 考えただけでも
気が遠くなりそうです。

宮崎さんは、「表彰されたのは私一人だが、
自分が表彰を受けたとは思っていない。私は
この作品を描いたスタッフ全員の代表としか
思っていない」とインタビューに答えています。

信頼されなくなったら終わりです。この世界で
一匹オオカミで生きていくのは不可能です。
この世界で生きていきたいと思うなら、成功は
他人に与え、失敗は自分が引き受ける。
それでこそ信頼も厚くなり、能力的にもアップ
していけるのです。

人は決して一人では生きていけません。家族、
同僚、その他周囲の大勢の人に支えられて
生きている。(生かされている。)という
ことをしっかりと心に刻み、常に「感謝」
の気持ちを忘れずに歩んでいきましょう。

では、また。・・・

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ