いつのまにか

2017.7.11(火)

「なんだか最近、どうもやる気が・・・」

「このチーム効率悪過ぎ!無駄ばっかり」

「あのチームは雰囲気がいいし、いつも

きちんと結果をだすなぁ。うちとは何が

違うんだろう?」・・・そんな事を考えて

いる人へ・・・

 

我々の脳は無自覚に「他人のしぐさ」を

真似るという仕組みになっています。

皆さんの周りに、直ぐに作業に取り掛からず、

先延ばしにした挙句、ギリギリになって周囲

の手を煩わせる人はいませんか?

そういった人の仕草や行動をいつも目に

しているとしたら、それは実はとても危険な

ことなのです。

脳は無意識に他人を真似してしまうため、

自分でも気づかないうちに周囲の人と、仕草

や話し方、口癖なんかが似てきます。ですから

周りに「すぐやらない人」がいれば、それも

また周囲に伝染していき、チームや職場全体

に「なんとなく先延ばしにする雰囲気」が

つくられていきます。このような伝染はなんと

しても避けたいですよね。

勿論、周りに「すぐやる人」がいればそれも

伝染していくのですが、残念ながら「すぐやら

ない人」の方が伝染力は強いようです。何故

なら、「すぐやる人」はさっさとその作業を

済ませてしまうため、どうしても「すぐやら

ない人」の方が長い時間視界に入ってしまう

からです。

あまり例えは良くないかもしれませんが、

昔TVドラマ「金八先生」で「腐ったみかん」

という話がありました。これもこの働きによる

ものですし、「類は友を呼ぶ」とか、「朱に交わ

れば赤くなる」という諺も同様です。

子供の頃、親に「友達は選びなさい」と

教えられたのも、このことに基づいた先人

の教訓だったのです。

ですから私達は、自分に悪影響を与えそうな

人を意識的に注目しないとか、係わらない、

排除する、ということが可能ならそうするとか、

逆に自分がきちんとするところをその人に見せ、

注意指導するとかしなければなりません。

職場やチーム全体に広がってしまっては、もう

手遅れです。

皆さんもどうか手遅れにならないうちに・・・

本日はちょっと怖いお話でした。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 明確 」
できることとできないことがハッキリして
いることです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ