部下に嫌われる行動

2017.7.18(火)

本日は前回の続きで、表題の内容を

纏めてみましたので、まずは読んで下さい。

 

・問題が起こるとすべて部下のせいにする
(にもかかわらず、都合がよくなると
手柄を独り占めする)
・管理職なのに部下の責任を取ろうとしない
・言っていることに矛盾がある(自分が過去に
言ったことを覚えていない)
・仕事を他人に任せない(部下に裁量権を
与えない、部下を信頼していない)
・PCや携帯電話が扱えず、仕事中に聞いてくる
・自分の役職に胡坐をかき、派遣社員、出向社員、
子会社の社員、パート、アルバイト、女性社員、
転職者、劣位合併会社の社員を馬鹿にする


・学歴差別をする
・えこひいきをする
・部下が忙しく仕事をしているのに、自分は口だけ
出して手を動かさない
・部下が成果をあげても、褒めない
(逆にあらさがしをする)
・部下がミスをすると、必要以上に怒る
(フォローもしない)
・経営陣や役員にゴマをする
・外見がだらしない
・男女問わず、セクシャル・ハラスメント、
パワー・ハラスメントを繰り返す
(そのことに自身は気づいていない)
・女性社員に難しい仕事を与えない
(女性社員の活躍を認めない)


・ごう慢、感情的、衝動的、優柔不断、短気、頑固
・自身の仕事の割り振りの仕方が悪かったにも
かかわらず、部下にサービス残業を強いる
(にもかかわらず、自分は定刻で帰る)
・部下が自主的に行動すると「勝手に動くな」
といい、上司の指示を待っていると「自分で
考えて動け」と怒る(上司自身は、その矛盾に
気づいていない)
・頼みやすい部下(気弱・謙虚・優しいなど)に、
きつい仕事を頼む(にもかかわらず、その
部下に感謝をしない)
・飲み会では、昔の自慢話、会社への愚痴、
説教のための説教しかしない
・「叱る」ではなく、「怒る」しかできない

 

以上、主なものを挙げてみました。この中でも、

特に部下のモチベーションを下げる原因になるのが

「矛盾したことを言う」です。

これ以外にも部下の嘆きは数多く存在します。

身に覚えがあるからと言って見て見ぬふりを

してはいけません。

上司は、部下の言葉にならない嘆きをきちんと

把握し、自身が手本となることによって、部下の

モチベーションを高めていきましょう。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「 目立つ 」
評価されることです。1)上司から認められる。
2)出世の原点。3)注目される。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ