頼まれごとは試されごと

2017.8.8(火)

本日は、帝国ホテルの料理長を26年間も

勤め、厨房からの叩き上げで唯一人重役にまで

なった伝説の料理人「ムッシュ村上」こと、

村上信夫さんのお話を少々・・・・。

彼は18歳の時に見習いとして帝国ホテルの

厨房に入ります。最初の3年間、彼に与えられた

仕事は鍋磨きのみでした。一切、料理に触れる

ことが許されません。

同世代の少年が何人も入りますが、そんな環境

に耐え切れず、1年以内にほとんどの人が辞めて

いきました。

そんな中、村上さんだけは辞めませんでした。

ならば「日本一の鍋磨きになろう」と決意して

3年間鍋をピカピカに磨くことにしたのです。

最初、自分のところに回ってくる鍋には

料理が残っていても、ソースの味がわからない

ように洗剤などが入れられた状態で来ていました。

しかし村上さんはそれを全部、きれいに磨き上げ

ました。自分の顔が映るくらいピカピカに磨いた

のです。

そうして3、4カ月が過ぎた頃「今日の鍋

磨きは誰だ」と先輩が聞くようになりました。

「今日の鍋磨きはムラ(村上さんの愛称)です」

という答えが返ってくると、そのときだけは

洗剤が入っていない状態で鍋が回ってくる

ようになったのです。

それは、先輩たちの密かな応援でした。

村上さんはそれを舐めて隠し味を勉強する

ようになり、周りから認められる立派な料理人

になることが出来たのです。

「頼まれごとは試されごと」といいます。

人から物事を頼まれると、たいていの人は

「面倒臭い」「自分でやれば?」と思うかも

しれません。しかし、人から頼まれることは、

その人に試されているのだと思って努力する

ことが大切です。

私も人から頼まれたことは、その人に試され

ているのだと考え、相手の思っている以上の

結果を出すよう、頑張っていこうと思います。

今おかれている状況に文句を言わずに黙々と

やっている人には、きっと神様が微笑んでくれる

と信じます。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「 やればできる 」
私はやりません。と同義語。できない原因は
納得しても理解していないから。進んで解決
しようとしない人が言う。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ