師走

2013.12.2 (月)

月日の経つのは早いもので、いつの間にか
12月になってしまいました。12月は
別名「師走」といいますね。
師走とは、本来旧暦12月の別称ですが、
今では新暦12月の別称として普通に
用いられています。

唐突ですが、皆さんは全ての月の別称を
覚えていますか?恥ずかしながら私は、
7~9月の別称がすぐに出てきませんでした。


見聞きすれば、「そうだった!」と
思い出しますが、普段使わ無い言葉なので、
すっとは出なかったです。(歳ですね~)
これを機会に忘れてしまった方は、
もう一度覚えなおしてみては・・・

1月:睦月(むつき)、2月:如月(きさらぎ)
3月:弥生(やよい)、4月:卯月(うづき)
5月:皐月(さつき)、6月:水無月(みなづき)
7月:文月(ふみづき)、8月:葉月(はづき)
9月:長月(ながつき)、10月:神無月(かんなづき)
11月:霜月(しもつき)、12月:師走(しわす)

う~ん。眺めていると、覚えているという錯覚を
起こしますね。一度覚えた事なので、完全に白紙に
なっている訳では無くて、覚えた引き出しの
引き出し方が解らなくなっているのでしょうね。

又、師走とは「師馳(は)せ月」(しはせづき)
なのだそうで、昔は正月も盆と同じように祖先の霊を
とむらう月でした。お経をあげるため、お坊さんが、
あちこちの家々を忙しく走りまわったのが語源です。

我々の仕事の社会でも、自社やお得意先様の忘年会や
クリスマス会、暮れの挨拶回りといろいろ忙しく
動き回らなければならない月です。風邪などひかない様
体調管理をしっかり行い、2013年の締めくくりを
もう一踏ん張り頑張りましょう。
では、また。・・・

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ