「拭く」と「磨く」

2017.8.25(金)

「拭く」と「磨く」は、似ているように

思う方も多いでしょうが、この二つの言葉は、

実は全く違うものなのです。

例えば、花瓶を布切れでサッと擦って埃を

取り除く行為は「拭く」です。対して、花瓶が

ピカピカに光るまで、何度も何度も擦りあげる

行為、これが「磨く」です。

ですから、花瓶でも靴でも、デスクでも作業

機械でも、拭くだけではピカピカに光はしません。

つまり、「磨く」という行為は、何度も何度も

繰り返し行って、それをピカピカに光らせる

ことを言うのです。

もちろん、物に限ったことではなく、例えば

野球の練習などでも同じです。同じ動作を何度も

繰り返し反復することで、腕が磨かれていきます。

当然、仕事においても同様です。腕を磨き

たいなら、何度も何度も実践すること。

頭を磨きたいなら、考えて考えて考え抜く

ことです。それが自身を光らせる一番の

近道なのです。

私の会社では、毎朝30分間、全社員が

環境整備という活動を行っています。

ひらたく言えば掃除です。(環境整備に関して

詳しく知りたい方は、いろいろ投稿させて

頂いていますので、そちらを読んでみて

ください。)環境整備では、小さな範囲を

磨きあげることが基本です。

この取り組みが我社の文化となり、その

精神が全ての事業活動の原点となるのです。

トップアスリートも達人も、最初から

そうである人など誰一人として存在しません。

他人の何倍・何十倍・何百倍と繰り返し、

積み上げた結果、そう呼ばれるようになれた

のです。

皆さんも、どうか小手先の「拭く」で

終わらずに、何度も繰り返し磨きあげる様

努めて下さい。私も頑張ります。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 優先順位 」
一つ一つ片付けていくことです。仕事に重要
なものから順番をつけることです。順番の
つけ方がわからない時には、後からきた仕事
を先にやる。前の仕事は今までやらなくても
特に問題になることはなかったからです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ