素晴らしい管理職

2017.9.6(水)

昨日は管理職には様々な責任があり、

中でも最重要の責任は部下に対する教育

です。と締めくくりました。では「部下

の教育」とは何か?身も蓋もないことを

言ってしまえば、「部下を徹底的に働かせて、

仕事のやり方を叩き込む」ことです。

ところが現実には、管理職自身が作業する

ことばかりに一所懸命で、部下への教育が

おざなりになっている例がとても多いです。

部下は自分の背中を見ながら自然に育って

くれるとでも思っているのでしょうか。

あり得ません。教育は教育として、本人にも

それと認識できるように、きちんと行なわ

なければ駄目です。

意図的に部下の教育を疎ましがる管理職

ならまさに更迭ものの失態ですが、上記の様な

例では本人は真面目で熱心なだけに、一層、

質(たち)が悪いといわざるを得ません。

管理職が必死になって作業すれば、当然

部門の利益は上がります。「だったら問題は

ないじゃないか」と言う方もいるでしょうが、

これは完全に勘違いです。そんなに作業したい

のであれば管理職の看板は捨て、一般社員に

戻ればいいのです。

逆説めきますが、管理職は作業をしては

いけません。いや、正確に言えば「部下と同じ

作業をしてはいけない」です。何故ならそれは

部下の成長の機会を奪うことに等しいからです。

管理職の上司一人だけが頑張っている状態は、

会社にとってはとても危険です。単純な話、

万一管理職の身になにかあれば、とたんに

部門の業務は回らなくなってしまうでは

ありませんか。

上司が会社を休んでいる間、部下は仕事の

勝手がわからず右往左往しています。その

様子を見た社長が「ああ、△△課長は普段

よく仕事をしていた」と感心してもらえると

思いますか? 絶対に否です。「あいつは

部下に何も教えていなかったのか!」と、

むしろ逆鱗に触れることは火を見るよりも

明らかです。

皆さんが管理している部門を見回して下さい。

皆さんがいなくとも業務は円滑に回ると判断

できる状態ですか? あなたの不在中、誰が

リーダーシップを取るのか考えてみたことは

ありますか? 自分だけが握っている情報や

ノウハウはありませんか? それで業務が

ブラックボックス化している部分はないですか?

チェックすべきところは多々あります。

問題点が発見できたら即座に直して下さい。

素晴らしい管理職とは、本人がいなくとも

業務がこなせる体制をつくっている管理職です。

それでも業績が上がるなら、皆さんは作業など

しなくてもいいのです。「それでは社長からの

評価が下がるではないか」。心配無用です。

社長が求めるのは経緯ではありません。

あくまでも結果だからです。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「 予測 」
データを確実に読むと掴むことができます。
しかし本当に大切なことは、予測した事態に
効果的な手を打てるかどうかです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ