部下の頑張りを上司に報告

2017.9.7(木)

本日は中間管理職である皆さんへのお話。

部下がきちんと仕事を完遂したら、あなたは

それを皆さんの上司(本部長や役員)に報告

して下さい。「部下の花山くんが△△の業績を

上げました」。すると、ちょっと気の利いた

上司なら後で直接本人に「花山くん、渋川課長

から聞いたけど最近頑張っているようだね」

と声をかけてくれます。

すると花山くんは、あなたから誉められた時

とはまた違った喜びを感じるでしょう。人間は、

誰から誉められても嬉しいものですが、誉めて

くれる人の職責が上位であればあるほど、一層

嬉しいものです。あなたは部下をその気に

させるために「使えるものはなんでも使う」

くらいの心がまえでいてください。

とはいえ、あなたの上司はあなた以上に

多忙ですから、報告の都度必ず部下に声掛けを

してくれるとは限りません。そこであなたは、

上司に部下の頑張りを報告したら、そのことを

直接部下本人にも伝えてください。「君が頑張

っていることを本部常務に伝えておいたよ」。

それだけでも彼は「自分の仕事がきちんと

受け止められた」と感じ、相応の満足を得る

はずです。

少々余談になりますが、部下の頑張りを

上司に報告するのは、他ならぬあなた自身の

ためでもあります。というのも管理職は、

部下をいかに上手く采配し育てたか、そして

どれだけの業績を上げたかによってその器が

計られるからです。だから部下の成果を

報告する事は、あなたの手柄を上司に認め

させるのと同じなのです。

部下に仕事への目的を自覚させるという

意味では、定期的に面談を持つことを強く

お勧めします。そこであなたはこのように

聞いてください。「君はいったい、この会社で

どうしたい・どうなりたいのか」と。すると、

まず大抵の部下は「まずは係長を目指したい」

とか「給与を増やしたい」とか言うはずです。

具体的な目標がわかれば、アドバイス

与えることは容易です。「今、君が抱えている

営業ノルマを達成すれば、△△の評価が

得られる」「その評価を3回続ければ昇進・

昇給も現実的なものになる」等と・・。

他ならぬあなた自身がそうやって業績を

上げ評価を得ていまの地位を築いたわけ

ですから、助言内容もきわめて具体的かつ

現実味のあるものです。部下の希望や夢を

共有し、その実現のために協力してやること

ですね。これもまたすべての部下に対して

平等に行なってください。

あなたが部下の希望や夢の為に心を砕いて

いることが伝われば、部下はもはや仕事の

意味や目的について悩むことはありません。

そういう人材が一人でも多く増えることは、

あなたにとってはなにものにも替えがたい

武器になります。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「 世の中 」
会社の都合とは関係なく、どんどん変わって
いきます。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ