プロとアマチュアの違い

2017.9.12(火)

プロフェッショナルとアマチュアの違いは

いったいどういったところにあるのでしょう。

本来、仕事の対価として何がしかの報酬を

得ている人がプロフェッショナル。無報酬で

行っていればアマチュアですから、何かの職

に就いて働いている人は皆、プロフェッショ

ナルのはずですが、実際は少々違います。

例えば、会社には販売目標があり、その

目標は、何としても達成して欲しい数値として

提示します。そのとき、プロと呼べる営業マン

ならば、「必ず達成します」の一言だけで、

余計なことは言わないものです。

しかし、プロと呼ぶに値しない営業マン、

すなわちアマチュア営業マンは、「達成出来

ないかもしれませんが、一生懸命頑張ります」

などというように必ず弁解が加わります。

もちろん結果として、両者共に達成出来ない

場合だってありますが、そんな時にも両者の

違いが現れます。プロならば悪い結果を反省し、

原因を探り、失敗を繰り返さないだけの手を

打って次に臨みます。しかし、アマはやはり

弁解から始まります。「一生懸命頑張ったの

ですが・・」と。

プロはたとえ目標の数値を超えたとしても、

その内容をチェックし、その達成がたまたま

だったのか、必然だったのか、必然とするなら

何がいい結果に結びついたかを分析し、また

次の行動に生かします。

アマチュアはたまたまのラッキーも自分の

成果と誇り、行動と結果の分析など行わず、

またなんとなく次回に臨みます。

これこそがプロとアマチュアとの決定的な

差です。つまり、PDCAサイクルをきちんと

回せる人をプロフェッショナル、出来ない人を

アマチュアと言うのです。

今の厳しい販売競争を生き残るためには、

アマチュアであってはならない。もちろん

営業職に限ったことではなく、どんな職種

でも同じです。給料という報酬を得ている

以上は、プロフェッショナルでなければ

なりません。

言い訳をしないのが、プロフェッショナル

の仕事です。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 ライバル 」
ライバルがいるおかげで、自分の会社が
あまくならない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ