部下の説得には根拠と信念が大切

2017.9.14(木)

管理者ならば、部下に対し、時として無理を

言わなければならない場面があります。また、

相手の意思を捻じ曲げてでもさせねばならない

ことが生じます。こういった時にものを言う

のが、説得力です。特に若い部下に対しては

十分に納得させたうえ、こちらの要求する

方向に向きを変えさせなければなりません。

権力を用いて強制的に仕事をさせるケースも

決して少なくないですが、納得させる十分な

理由と根拠を示し、言うべきことを言って、

説得すべきです。頭ごなしや懇願はタブー。

先ず部下の意見を充分聞くことが大事です。

また、やたら自分の経験談を持ち出すのも

考えものです。むしろ、上司という上着を

脱ぎ、部下の目線で一言ずつ理解度を確かめ、

反応を見ながら話を進めるほうがいいです。

そして、しっかりした根拠に裏打ちされた

筋の通った信念。これこそが効果的な説得の

最大の要素です。しかしその信念は、決して

頑固であってはなりません。

管理者自身が確かな判断基準を持って、

自分が『よし』とするところなら、一時的に

部下に嫌われようとも、本人の成長や仕事に

メリットがあれば「是は是、非は非」で臨む

ことが必要です。

部下の中には「社交性のある陽気な者」・

「情緒不安定な者」・「刺激的に言わなければ

分からない者」等、様々なタイプの人間が

います。

最後になりますが、これら様々な部下たちを

画一的な方法で説得するのではなく、それぞれ

に合った方法を探し出し、柔軟な説得方法で

あたることもまた大切なことですね。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 利益責任 」
社長ただ一人が負うものです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ