現場には部下と一緒に

2017.9.27(水)

管理者である皆さんが現場を見に行く時は、

一人はダメ。必ず部下と一緒に訪れて下さい。

理由は簡単です。そうしないと部下は状況を

ごまかし、仕事の手を抜くからです。

「○○課長、あれはたまたま売れただけですよ」

などと適当なことを言って、自分の仕事が

増えないように画策するのです。

これはもう「絶対」です。

何度も書きますが、仕事の手抜きをする

部下が正しいのです。部下として正しくとも、

経営的には(或いはシビアに数字を求められる

管理職的には)正しくはありません。

この正しさのねじれを解消するために、

現場の「空気」を部下とリアルタイムで共有する。

皆さんが部下と共に現場巡りをすると、

まず目につくのは多くの失敗事例。これは、

中小企業ならどこの会社でも同じです。しかし、

中には少数の成功事例もあります。皆さんは

同行の部下にその成功事例を見せて、言います

「あれをやろうよ・・・」と。

成功事例を見つけたら、それを横展開していく。

そして、失敗事例を少しずつ減らしていく。

その指揮をするのが管理職です。これはどなたも

異存のないところだと思います。

成功事例を見つけ、部下にやらせるにも

コツはあります。

普通の管理職はこう部下に指示します。

「(成功事例を実践している)××さんの

真似をしなさい」。 ・・・はい、駄目。

もう全然駄目。そんな言い方では本人は

内心大いに反発します。「××さんだから

できるんじゃないか」「そんなことを俺に

求められても困るんだよね」。そして皆さんの

指示を柳に風と受け流し、何もしません。

ではどう指示すればいいのか。正解はこう。

現場同行の合間に喫茶店でお茶でも飲みながら、

「A君、君は俺の部下の中でも一番優秀な人

だと思ってるんだ」「で、そんな君を見込んで

言うんだけど、ほら、××さんがやってた例の

アレ、A君ならもっと上手く出来るんじゃない?」

これでA君は、相当やる気になります。

そしてA君がやる気になれば、今度はB君に、

そしてC君にも同じようにして下さい。

【 「同じように」って? 】

決まっています。一緒に現場を見て、お酌の

ひとつもし、そして「君が一番優秀だから」

と言うのです。なあに、どうせ一対一なら、

バレやしません。まして、言うだけならタダ。

それで部下がやる気になってくれたらまさに

丸儲けではありませんか。(笑)

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「 リーダー 」
物事を熟知し、実行することができる人です。
リーダーとしての意図をはっきり示すことの
できる人です。組織という1つの目的意識を
もった集団のトップのことです。議長ではない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ