最大の顧客は上司

2017.10.12(木)

人は様々な欲求を持っています。3大欲求

と呼ばれるものから、物欲、金銭欲、知識欲、

自己向上欲・・・etc。 本当に多岐にわたり

ます。そして、中でも比較的強い欲の1つに、

承認欲求というものがあります。

これは、他人から認められたいとする感情の

総称で、他者を認識する能力を身につけ、社会

生活を営んでいくうちに、どんどん強くなって

くるものです。

人はこの承認欲求を満たすため、様々な努力

をします。そのこと自体は決して悪いことでは

なく、むしろ大いに歓迎すべきことです。

しかし、その際にしっかりと認識しておかねば

ならない大切な考え方があります。それは、

『評価は他人のものである』ということです。

「他人から認められたい」と、いくら頑張

ったところで、相手から評価して貰えなければ、

それらの努力は自己満足にしか過ぎません。

特に組織の中で働く場合には、自己評価よりも

他人の評価のほうが重要になってきます。

そこで我々ビジネスパーソンは、まずこの様に

考えてみてはいかがでしょうか。

『最大の顧客は上司である』と。

こんなことを言うと、「上司ではなく、お客様を

大事にするのが仕事ではないか」という声が

聞こえてくるようですが、ちょっと考えてみて

下さい。

上司からの評価や許可を得ないと、自分の

やりたい仕事ができないケースって結構多い

と思いませんか?多いですよね。だからこそ、

上司の満足度を高めることが自分の仕事力を

高めることにつながるのです。上司から仕事が

できる人間だと評価されれば、やりたい仕事を

やらせてもらえるチャンスが広がります。

では、いかにして上司から自分への評価を

高めるのか。まず、上司の評価軸を知ること

が先決です。それは業務上の、会社的な基準

だけではなく、上司がどういう性格でどんな

ことを良いと思っているのかも含みます。

それを知ろうとするのは、将来的に自分が

部下や後輩を持ったときの勉強にもなります。

会社組織の中で働くためには、自己満足、

自画自賛の評価ではなく、他人がしている

自分への評価を受け入れることが大切です。

それが最終的には自分自身の評価アップ、

仕事力の向上につながります。

お客様からの直接的な評価ばかりを目指す

のではなく、まずは上司の評価を得ることを

考えて頑張る。そのほうが、結果的には成長が

早くなります。また、上司からの評価を得る

ことで成長も実感できます。

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」という

ことわざにもあるように、目的を達成する

ためには、まず周辺から片付けていくのが

成功への早道なのです。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「 礼 」
失すれば敵をつくる。尽くせば敵さえも心を
開く。決して人を傷つける武器にしてはいけ
ない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ