真に価値ある才能

2017.10.13(金)

昨日は「最大の顧客は上司」というお話を

致しました。昨日の投稿を読んでくださった

方の中には、「自分の会社にはダメな上司

しかいないから、評価が得られない。自分は

運が悪い」なんて思っている方もいらっしゃる

かも知れませんね。

しかし率直に言わせてもらえば、ものの考え

ようによって、評価される方法はいくらでも

あるのです。なぜなら、「運の良し悪し」など

というものは、自分自身の心の持ちようで

決まるものだからです。

例えば、ダメな上司が助けてくれず自分が

苦境に立たされた時、「これは成長のチャンスだ」

と受けとめ、「こんなチャンスが訪れるなんて、

自分は運がいい!」と言い切ってしまえる人は

運が良い人です。でも、同じシチュエーションで

「これは何のケチのつきはじめか、ダメ上司

のせいだ!」と考えて暗くなってしまう人は、

自分から運が悪い人になってしまっています。

そうではなく、辛いときも前向きに、「成長の

チャンスだ、自分は運が良い!」と考えれば、

見えてくる景色がガラリと変わるはずです。

人間は、自分の運が良いと思っている人と、

自分の運が悪いと思っている人の2種類しか

いません。自分の身に起きることは、刃物と

同じです。それを道具として使いこなすのか、

刃の部分を握って怪我してしまうのか。

運の良し悪しは、自分の考え方次第。

さて、皆さんはどちらの人ですか?

「運の良い、悪い」と同じくらいよく話題に

上がる言葉に「才能の有る、無し」があります。

皆さんは「才能のある人」の定義をどうとらえ

ますか? 私はこのように定義づけます。

「努力をやめない人」と。

普通の人は何か達成したい目標がある場合、

それを目指すにあたって、歩きやすい、舗装

された道を探そうとします。ぬかるみは進み

辛いですから、どうしても躊躇してしまう。

しかし、努力を惜しまない人は、目の前の

道が歩きやすいかどうかで歩みを止めたりは

しません。汚れようが、傷つこうが、只々、

一歩ずつ前に進んでいく。そして、その一歩を

積み重ねた結果、夢や目標である山の頂に

到達するのです。このように、小さな一歩を

止めずに続けることが真の努力であり、それを

続けられる人こそ才能のある人だと私は思う

のです。

結果をすぐに求めるのではなく、ずっと先の

目標を見据えて、稽古を続けているのだと思う

ようにする。仮になかなか結果が出なくても、

努力することだけはやめない。そして、決して

諦めない。その一歩ずつの小さな積み重ねが、

時を経ると他者との圧倒的な力の差となるのです。

ですから、「努力をやめないという才能」こそ、

「真に価値ある才能」だと私は考えるのです。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「 例外 」
設けると、現在うまく動いている仕組みが
破綻しはじめる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ