諦めない

2017.11.8(水)

以前読んだ本に、カマスという魚を使った

実験の話がありました。

まず、大きな水槽の真ん中を、透明の板で

仕切り、一方にはお腹を空かせたカマスの

群れを、もう一方には、餌となるイワシ等の

小魚を放します。

カマス達は、餌を食べようとするものの、

仕切り板があるため食べられません。

何度も板にぶつかるうちに、ついには諦め、

おとなしくなってしまいます。

そしておとなしくなった後、今度は水槽の

中の透明な仕切板をとってみます。仕切を

無くすと、自由に行き来できるようになる

ので、瞬く間に餌を食べだすと思いきや、

なんとカマス達は一向に餌を食べません。

目の前を小魚が泳いでいても全く反応せず、

最後にはそのまま餓死してしまうのです。

カマス達は、何度も板にぶつかるうちに、

この魚を食べることは出来ないと思い込んで

しまうからだそうです。

我々人間も実はこのカマス達と同じような

ことをしています。

過去に失敗した経験などから、自分の心の

中に透明の仕切板を作り、できないと思い

込んでチャレンジすることを止めてしまう人が

とても多いです。

大切なのは、そのような心の壁を取り払い、

目の前の問題に飛びつくことです。仕事でも、

プライベートでも、自分の思い通りにならな

かったり、何度やっても上手くいかなかったり

することがあります。いや、むしろそういう

ことの方が圧倒的に多い。しかし、そこで

諦めずに、チャレンジし続ける逞しさこそが

人を成長させるのではないでしょうか。

だから私は、自社の経営計画書の「社員に

関する方針」の4にこう記しています。

【肯定的な考え方をする。「出来ない」理由を

探すのを止め、「出来る」方法を考えることに

より、積極的な態度が生まれてくる。】 と。

諦めてしまえばそこで終わり、逆に言えば、

諦めなければ限りなく成功に近づけるという

ことです。夢は諦めなかった人だけが掴める

ものなのです。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「赤字会社」
社員が挨拶をしない。赤字が続くということ
は、自分の職場がなくなるということです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ