B/Sは社長自身が決めるもの

2017.11.15(水)

資金繰りを改善する際に避けて通ることが

できないのが「貸借対照表(バランスシート

・B/S)」です。B/S次第で、銀行からの

評価は大きく変わります。どんなに売上を

上げていても、財務格付けが低ければ融資が

下りない場合もあります。

ところが、我々の様な小さな会社の社長の

圧倒的多数はB/Sを見ようとしません。

「財務の数字はよくわからないし、自分が

見たところで何も変わらない」と思い込んで

いる人が多いのです。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

同じ決算書でも、P/Lの数字は社長と社員

とが力を合わせた結果です。未来に向かって

計画することはできても、過去の結果を変える

ことは出来ません。

一方、B/Sは過去ではなく現時点の状況を

示す数字であり、ほぼ100%、社長の意思で

決められます。「見たところで変わらない」

ではなく、「社長の意思で変えられる」のが

B/Sなのです。

B/Sの右側に記載される「負債及び純

資産の部」には、資金をどこからいくら調達

したかについての勘定科目が並んでいます。

これらは全て社長のさじ加減ひとつです。

支払手形を発行するかどうか、銀行からいくら

借りるのか、資本金はいくらにするか。・・

純資産の部の内、内部留保と当期の経常利益

だけは自由になりませんが、それ以外は社長の

意思で決まります。

左側の「資産の部」には、集めたお金や

利益がどんな資産に変わったかについての

勘定科目が並んでいます。現金でいくら持つ

か、預金はいくらにするか。土地を所有する

のではなく借りることにすれば、固定資産の

額も変わります。これも社長の自由です。

資産も社長の意思で経費になる。

大切なのは、資金の調達や資産の額が同じ

でも、意図的に勘定科目のとり方を変えたり、

資産を社長個人や別会社に移行すると、銀行

からの財務評価が変わるという点です。

銀行が関連会社の決算書や個人資産を知りた

がるのは、このためです。

借入金の総額が同じでも、短期借入金が

多い場合と、長期借入金が多い場合とでは、

財務評価は格段の差ができますし、実際に

短期借入金が多いと、経営者は資金繰りに

奔走しなければならず、事業運営が困難に

なります。

B/Sの中身を決めるのは、他ならぬ社長

自身です。ならば、少しでも自社に有利な

ように自分で決めたほうがいい。「よくわから

ないから見ない」という人は、自分で自分の

首を絞めているに等しいのです。

皆さん、どうかこのことに気づいて下さい。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「急ぎ注文」
取引先が価格を決めないで発注してきても、
それはいくらでもよいということではありま
せん。手配するまでに必ず相手に価格の了解
を得ておくことが大事です。あとでトラブル
になって困るのはこちらです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ