部下との目標統合

2017.12.1(金)

いよいよ師走に入りました。2017年も

残すところあと1ヶ月。新しい年を気持よく

迎える為に、精一杯、取り組みましょう。

それでは本日のお題へ・・・・

「部下との目標統合」とはどういうことか。

部下は、誰でも漠然とではあれ夢や希望を

持っています。「今期の賞与は〇〇万円くらい

欲しい」「来年は主任くらいには昇進したい」

云々。こういうことを面談や各種ミーティング、

お客様訪問時の道行き、はたまた飲み会など、

とにかくあらゆる機会を捉えて積極的に

ヒアリングしておくことです。

但し、ただ「聞いただけ」では駄目です。

なにかにつけて念を押して確認すること、

なおかつ彼や彼女の夢なり希望なりを自分

自身の問題として捉え、それを叶えるべく

親身になって力を貸してやることです。

そうやってこそ目標統合ができたことになる。

これは(その管理職の)資質や優秀さとは

あまり関係がなく、単純に熱意とか根気、

コミュニケーションの問題です。

目標は、仕事とは関係のないものでも

別にかまいません。「そろそろ車がほしい」

とか「ゴルフの腕を伸ばしたい」とか、

そんなことでもいいのです。あらゆる人の

生活の基盤は、日常の仕事にある。目標は、

それがどんなものであれ最終的には仕事に

結びつくからです。車を買うなら賞与は高く

なったほうがいいし、ゴルフの腕を上げたい

のなら効率的に仕事を終わらせて、練習の

時間を確保したほうがいい・・・。

・・・というとなんとなく連想も働くと思い

ますが、目標統合をしておくのがいいのは、

部下に具体的な指示が出せるようになる事です。

例を挙げればこんな感じです。「Aくん、

チーフになりたいんだよな。じゃあこれだけ

売り上げればその線が見えてくるぞ」「その

ためにはお客様訪問を現状の1.3倍は増や

さないとだな」などと。なにしろそれは

本人の夢や希望を踏まえた(そしてそれを実現

するための)アドバイスですから、彼も真摯に

聞くでしょう。つまりここで彼に「やる気」の

スイッチが入るのです。

一般に部下というものは、上司から「やる気

を出せ」と言われてもなかなかその気には

なりません。しかし「現金なもので」という

べきか、それが自分の夢や希望とリンクして

いると実感できれば本気になります。さらに

目標統合をしておけば、今後彼がしでかすで

あろう不始末に対して「正しく」叱ることも

容易になります。

つまるところ、伸びる管理職と伸びない

管理職とを分かつものは、どれだけ深く部下と

目標統合しようとしているか(或いは「出来て

いるか」)にかかっているということです。

そして、目標統合というのは管理職の能力とか

資質にはさほどかかわるものではなく、

ひとえにやる気の問題です。

さあ皆さん、伸びる管理職になりましょう。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「危機感」
経済的に損をしないと持てない。非常事態
宣言を出して、組織を一つにするチャンス
です。放っておくと組織がバラバラ、個人
個人になる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ