成長する人、しない人

2017.12.6(水)

そもそも、成長する人と、しない人の差は

「成長を促す良い『行動習慣』と『思考習慣』」

を身につけているか、いないか、という小さな

差から生まれていると私は考えます。そして、

この「行動習慣」も「思考習慣」も、どちらも

後天的に身に付けることができるものです。

「成長を促す良い行動習慣」とは「よし、

やってみよう!」という気持ちがあれば実践

できることです。具体的には次の三つ。

1) 主体性が強い

人生の良し悪しは、自分自身で責任を持つ

という気概にあふれ、確固たる信念や職業観

を持ち、社会や会社など自身を取り巻く環境

の変化に敏感に反応し、さまざまな障害を

乗り越えて積極的に仕事に取り組んでいる。

2) 人脈作りがうまい

新しい人脈構築に意欲的であり、自身の

問題意識や考え方を積極的に発信し、自分の

意見を周囲に理解してもらえるように促すと

ともに、人々の反応から“自分の立ち位置”

といった周囲からの受け止められ方を把握

するよう努めている。

3) 腰が軽い

自身のキャリア構築に向けて、具体的な

行動計画をもっており、能力を磨くための

自己投資を惜しまず、積極的に自らを高める

機会に足を運ぶ習慣がある。

 

どうですか?「よし、やってみよう!」と

思えましたか?

 

次に「成長を促す良い思考習慣」とは、

自分自身に正直で、真摯であり愚直に取り組み

続ける点にあります。

1) 良い取り組み姿勢

どのような機会も無駄にせず、目の前の

担当業務に真剣に取り組み、その仕事から

何を吸収し、成長機会として活かすかを常に

考えている。つまり自身のキャリア開発を

人任せ・運任せにせず、真剣に追求する姿勢

を持ち続けている。

2) 真理を探究し、原理原則の習得を目指す

何事も鵜呑みにせず、自分の頭でじっくりと

考え、普遍性に到達し、原理原則を体得する

姿勢を貫いている。

3) 志を忘れない

自分の為に仕事をするのではなく、人の為、

世の中に貢献する為に仕事をしたいという

“志”を強く持っている。

この3つは、自分の本音と向き合うことを

習慣にすることですので、なかなか大変です。

それだけに、これができる人はどのような

分野の仕事についても大きく成長することが

できると考えます。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・「クイックレスポンス」
よい返事をしようとして遅くなるより、2時
間以内に連絡し、教えていただく。スピード
が命。相手は早く報告が欲しいから頼んでくる。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ