明日は無い

2017.12.12(火)

私達に使える時間には限りがあります。

たとえ不眠不休で何かに打込んでも、1日に

24時間以上は働けません。これは、社長で

あれ、平社員であれ、主婦であれ、小学生で

あれ、誰にでも平等に与えられたものだから

です。

それなのに皆さんは、1日くらいサボった

って、怠けたって、どうってことはない。

などと考えてはいませんか? 無理に今日、

やらなくても明日やれば問題ないだろうと、

安易に翌日回しにしたりしてはいませんか?

でも安心して下さい。そう思うこと、つい

翌日回しにしてしまうことは、当たり前の

ことです。そもそも人とは、基本的には楽を

したい、怠けたいと、考える生き物です。

しかし、実際には、そう思いながらでも

怠けず、サボらず、今日すべきことは今日の

うちにきちんと終わらせてしまう人と、あれ

もこれも後回しにして、何も仕事が進まない

人とがいます。

怠けるのも、『ごく稀に・・』程度ならば、

さして問題は無いのですが、『しょっちゅう』

とか『いつもいつも』になると大問題です。

怠けたツケを取り返すのは容易なことでは

ありません。今日すべきことを今日中に片付

けてしまう人は、翌日のスタートもスムーズ

ですし、追われることが無いので目の前の

仕事にしっかりと向き合えます。しかし、

いつも後回しにする人は、常に仕事に追われて

しまうので、どれもこれもやっつけ仕事に

なってしまいます。

このような違いを5年、10年と続けた

ならば、同じスタートを切った二人でも、

5年先、10年先には、縮めようのない差が

ついていることでしょう。

仕事においては、明日があるなどと考えて

後回しにしていてはどんどん周りに置いて

いかれます。1日1日が勝負なのです。今日

の勝負を次の日に回してはいけません。

それは次の日に勝負するのではなく、不戦敗

になるということです。

今日終えるべき仕事は今日中に何が何でも

片付けるという強い意識持ち、決して怠ける

ことなく、今日一日に全力を出し切って

頑張りましょう。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「現金残高」
前月の同日比の銀行残高の増減が経営には
一番大切です。儲かっていても現金が無け
れば倒産する。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ