残念な上司

2018.1.11(木)

世に「残念な上司」と呼ばれる人は星の数

程います。(当然、私もその1人であると自負

しています。・・・笑)

私はよく飲みに行きますので、行った先々で

色々な人と知り合います。お酒が入ると饒舌に

なる人が多いので、上司や部下の愚痴話なども

よく耳にします。

愚痴などというものは、聞いていて気持ちの

いいものではありませんので、「ここで愚痴って

いる暇があるなら、見返す努力でもすればいい

のに・・」なんて思いますが、そう思いながら

注意もせずになんとなく聞いていると、残念な

上司はおおよそ3つの「できない」が理由で

そう思われている気がします。

1つ目は、「困難回避」ができない。です。

自分の過去の経験を自慢したり押しつけたり

する上司が多いようです。過去ばかり見て、

将来を見ていないのです。同様に、伝票の

整理ばかりしていて、新しいビジョンを

つくれない上司も視点が過去にあります。

こういう人が自分で「変わらなきゃ」と

思うのはとても難しい。変われるチャンスは、

業績がものすごく落ち込む時期だけ。将来の

ことを考えざるを得なくなるからです。

2つ目は、「巻き込み」ができない。です。

「自分の仕事が大変だと吹聴する」といった

行動が挙げられます。こういう人は小心なのです。

自分の今のポジションが実力以上であることを

本能的に悟っているので、自分を大きく見せて

周囲に認められたいのです。又、「自分で仕事を

抱え込む」例も同様です。小心である自分を

認めて「できないから助けて」と他の誰かに

頼めればいいのですが・・・。

抱え込むのは、人に仕事を振るのを面倒

くさく感じるからかもしれません。こういう

人が上司の場合は、言われる前に部下が自分で

解釈して「これをやります」と申し出る方が

いいかも知れませんね。

最後は、「部下理解」ができない。です。

「気分次第で部下の企画を通したり、通さな

かったり」なんていうのは困りものです。

上司と部下はロールプレイ(役割演技)です。

本心でどう思っているかは別に、あるべき

上司像・部下像を演じなくてはいけない。

例えば、上からすごく高い目標が降ってきた

時に、内心では「こんなのできるはずがない」

と思っても、部下の前では「大丈夫、できるよ」

と言わなくてはいけない。そして、どうしたら

できるかを部下と一緒に考えていくのです。

上司が駄目だから部下が発奮して頑張るなどと

いうのは漫画の中だけの話です。(笑)

皆さん、お互いに「残念な上司」と部下に

言われないよう、頑張りましょう。

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・「シナジー効果」
ある活性化の条件を与えると、人でも物でも
相乗効果を起こして、一つ一つの合計が全体
よりも多くなるような事を言う。1+1=3
がこれである。新商品を出すことによって既
存商品が伸びるような現象のこと。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ