人材育成の成否は社長次第

2018.1.25(木)

「経営にとって何が重要か?」という話に

なると、必ず「何といっても人材だ」という

ことになります。

「人材さえいれば、事業はいくらでも発展

できる」と一様に思うものですが、「でも、

うちには人材がいない」という声もまた、多く

聞こえてきます。

いずれにしても、頭数を揃えるということ

ではなく、質の高い人間が一人でも多く欲しい

というのが本音のようです。

しかし、なかなか優れた人材を採用できない

我々のような小規模の会社では、今いる社員を

教育して、なんとかその会社にあった優秀な

人間に育てなければなりません。

教育の眼目は、仕事に取り組む姿勢(態度)、

仕事に必要な知識、仕事を遂行するための技術

をバランスよく教え込むことです。しかし、

それ以前に社員教育で重要なのは、社長の

事業に対する考え方を徹底的に注入すること

です。非難の声を覚悟で端的に言い表せば、

「いかに社長のコピー人間を多く作れるか」

ということです。

もちろん、社長自身が自分の考えや会社の

将来の展望、進むべき方向、とるべき方針を

明確にし、全社員に知らしめて、それらを

繰り返し繰り返し教え続ける覚悟がなければ、

社員教育などできるはずもありません。

教育に成功するかしないかは、社長自身の

経営に対する考え方次第です。社員教育は

社長自身の覚悟と力量によって左右されます。

人材育成は決して他人事ではすまされない

ことを、肝に銘じておきましょう。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「素直なセールス」
商品の欠点から説明して、次に長所を説明
する。お客様が信用する。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ