日々の小さな努力を

2013.12.20 (金)

企業時報 No.954号より記事紹介。

=== ここから ===

人は生まれた時は言葉を話せません。
ところが、時が経つにつれ言葉を
話せる様になります。これは、ある時、
突然、言葉が口から出るのではなく、
一つひとつの学習の積み重ねによるもの
です。生まれつき雄弁な人などという
のはいないのですから。
 このように、今ある能力は、生まれつき
のものでは無く、何らかの努力によって
身に付いたものです。 将来に向けても
同様のことが言えるのではないでしょうか。
 今ある能力が自己の能力のすべてだと
思わないで下さい。 能力は無限に広がる
のです。しかし、赤ん坊が、少しずつ言葉を
覚えていくのと同じで、突然にこういった
能力が広がりをみせるわけではありません。
何らかの努力の積み重ねなしには能力の
向上は起こり得ないのです。
 能力不足を感じているひとも悲観する事は
有りません。自らの可能性を信じ、日々の
小さな努力を怠らず続けていけば、それは、
計り知れない効果を約束してくれること
でしょう。

=== ここまで ===

今、我々の取り組んでいる「環境整備」
という活動も正にこの通りです。
毎朝30分の活動(主に清掃活動)で、
出来る内容はたかがしれています。
(せいぜい、新聞紙1枚程度の範囲しか
掃除出来ません。) ですが、これを継続
していく事で、やがて大きな成果が得られる
と信じて日々精進しています。【私以下全社員で】

以前にも申し上げましたが、良くも悪くも、
習慣程強いものは有りません。皆さんも是非
良き習慣を作っていって下さい。もうすぐ
新しい年を迎えます。新しい年を迎える度、
何か良い習慣を1つ身に付ける様にしたいですね。

では、また。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ