成功者の習慣

2018.2.7(水)

皆さんは「脳力」に自信がありますか?

なんていきなり聞かれても、「脳力って?」

と思いますよね。ここでいう脳力とは、

記憶力や判断力、創造性、学習能力など、

脳が司る全ての力のことを指します。

人がスムーズに行動できているときは、

脳力がきちんと発揮され、反対に、うまく

行動できないときは、脳力がうまく働いて

いないということです。

思い通りに行動するには、脳力をうまく

使う事が大切、そして望む結果を手に入れる

ためには行動することが必要であり、行動

こそが人生を形作っていくのです。

成功した人たちは共通して、脳に良い、

ある習慣を持っています。実はそれは誰にでも

簡単にできる事で、しかし、多くの人がして

いないことです。

そんな成功者達の秘密の習慣とはいったい

どんなことなのか?・・・

それは「紙に書く」ことです。簡単すぎて

拍子抜けしたかもしれませんが、実際、多くの

人が日常的にしていません。文を「書く」

ことは脳全体に最もバランス良く刺激する

ことができるらしいです。

「書く」のは左脳を、「考える」のは右脳を

使う。つまり、「紙に書く」作業は脳をフルに

回転させることになると説明されていました。

成功者達の頭の中は常に整理されていて、

活発に思考をします。彼らは「書く」ことで、

それを習慣にしています。例えば、何か問題が

あったとき、問題点をクリアにするには絶対に

客観的に分析する必要があります。客観的な

分析には、紙に書くことが効果的です。

自分の考えを客観視するには紙に書いて、

一度自分の外に出してみる。このアウトプットが

非常に有効です。頭の中で考えた方が簡単そうに

思えてもあえて紙に書いて可視化してみる。

それが、解決のための原則なのです。

成功者は、自分の目標なり考えなりを頭の中

だけに置いておくようなことはしません。

紙に書きとめて、吐き出しているのです。

アメリカに面白いデータがあります。

ハーバードの学生を対象に10年にわたり追跡

調査した結果、自分の人生の目標を紙に書き

出していた卒業生は僅か3%で、その3%の

人々が、残りの97%の人たちの収入全てを

合わせても及ばない程のお金を稼いでいた。

というものです。

このように、ただ「紙に書く」という習慣が

もたらすことは多大な効果があります。書いて

脳を活性化させ、思考の整理をすることで、

私たちの行動=人生を向上させます。 しかも

簡単で、今すぐにできてしまいます。

私も少々遅いかもしれませんが、「紙に書く」

習慣をつけようと思います。(笑)

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「戦争」
その時代の最高の科学と技術を生み出す。
経済戦争は、相手が受けるのと同じくらいの
損害を覚悟してから始めないと勝てない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ