時間を買う

2018.2.8(木)

少々前の事になりますが、私の友人が掃除

ロボット ルンバ を購入しました。(当事45

歳のオヤジが何故ルンバ?という突っ込みは

ご遠慮下さい。彼は孤独を愛する人種なの

ですから。 笑)

彼は以前からルンバを所有していたので、

てっきり前のロボットが故障しての買い替え

かと思いきや、2台目の購入でした。

どうして2台目を購入しようと思ったのか

聞いてみると、そうすることで家事の時間を

大幅に短縮できるからだと言いました。

つまり、この商品を使うことで、自由な

時間を得ることが出来るという価値を見出した

ことが、購入に繋がったのです。

このことから、「私の仕事も同様、お客様に

新しい価値を提供することが大切なんだ」

と思ったものです。

また、「時間を得るためにお金を使う」という

発想も、企業経営においてとても大切な事です。

例えば設備投資がそうです。現状の設備が元気で

頑張っていたとしても、最新設備が現状より何割

も短い時間で同じ仕事量をこなすならば、投資

して更新した方が結果は得です。日本人の多くが

持つ「もったいない」という考えは個人としては

美徳ですが、企業としては悪です。とっとと

最新設備に更新して、少しでも早く最大の利益を

上げる方が良いです。

そして、借金についても同じことが言えます。

企業経営は現金に始まり現金に終わります。

最低限月商額の3倍位の現金は持っていたい

ところです。借金してでもある程度の現金は

持っている必要があります。

それは、大きな顧客の倒産だとか、大きな

事故等に見舞われた場合でも、月商の3倍の

現金を持っていれば、なんとか手を打つ時間が

数ヶ月間得られるからです。つまり、借金とは

時間を買っているということなのです。

この借金というものも、個人ではしては

いけないことですが、企業経営においては

しなければならないものなのです。

借金をした方がいい理由は他にも色々あり

ますが、本日のところは先ず「借金=悪」

という考えを捨てることをお勧めします。

そして、お金で時間を買うという感覚を

どうか身につけて下さい。そうすることで

つぶれにくい体質をつくることが出来るように

なります。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「専門家」
新しいことを受け入れたがらない。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ