先行投資

2018.2.14(水)

皆さんは、今期の利益目標を大きく上回る

経常利益が出そうな目処が立ったら、いったい

どうされますか?

私なら、「前年よりも少し多い利益」だけを

残して、あとは全て使います。

利益を出し過ぎると、翌年のハードルが高く

なってしまい、「増益」にするのが難しく

なります。経常利益の目標額を「前期と同じ

1000万円」に設定したところ、思いの他

売れて「6000万円」の経常利益がでたと

します。このとき、お金を残しておくと、

来期は6000万円以上稼がなければ「増益」

にはなりません。

来期の利益が「2000万円」とすれば、

今期の目標よりも「1000万円増益」になり

ますが、今期実績と比べると「4000万円の

減益」となります。「減益」になれば、銀行

からの評価が下がります。

ですから、利益が出すぎるようなら、お金を

使う(投資する)、が正しいのです。

急激な利益の増加は納税と予定納税が増え、

資金が圧迫します。常に先を見据え、意図的に

投資すべきです。

極論を言えば、前年よりも100万円以上

経常利益が出るのであれば、100万円だけ

残し、あとは全額投資してもいい。

ところで、利益を使う(投資する)と言っ

ても、いったいどのように使えばよいのか?

私は、利益が出たら、次の順で未来に投資

します。

1) お客様の数を増やす為のこと
2) 社員教育
3) 設備やインフラの整備
4) 経常利益

普通は、利益が出たら「経常利益」を優先

しますが、我社は最後です。なぜなら、「使わ

ないで残す」ことにあまり意味がないからです。

儲かったお金を「どう使うか」にこそ意味が

あると考えるからです。

人は若いうちは貯金など考えず、多くの

お金を使ってより多くの体験を得るべきです。

そうすることで、思考の巾が広がり、人と

しての厚みも増すのです。

会社も同様で、「儲ける」ことよりも大事な

ことは、「潰れない体質」をつくること。

必要最低限の利益を確保したら、あとは未来に

投資すべきです。

私は、「今期いくらの利益を出す」と決め、

それ以上の利益がでるなら、先行投資する。

「利益が出てから」ではなく、「利益を出す

ために」先にお金を使う。

利益が出るのを待っていると、チャンスを

逃します。借入れをしてまでも、先行投資する。

だから強い会社になれるのです。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「組織拡大」
会社の命です。革新と増員、これが会社を
大きくしていく。人間の本能を無視しては
いけない。人間は自分のためになることは
本気でする。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ