支払手形は発行しない

2018.2.16(金)

一般的にはどこの会社も「儲かること」を

優先して物事を考えます。しかし私は、「儲

かること」よりも「何があっても潰れない

こと」を最優先にして物事を考えます。

私が目指すのは「絶対に倒産しない会社」

です。そして、倒産を防ぐために「絶対に

やらない」と決めたことがあります。それは、

「支払手形を発行しないこと」です。

支払手形を発行している限り、倒産の危険は

なくなりません。会社というものは赤字でも

倒産しませんが、たとえ黒字であっても、

手形を落とすことが出来なければ倒産します。

先のリーマン・ショック後、上場会社の

倒産劇の実に3分の2が黒字倒産であった

のも、全て手形を発行していたからです。

支払手形を発行していると、社長は資金

繰りに忙殺され、事業に専念できません。

社長の関心がお客様やマーケットではなく、

資金繰りだけに向くと、会社の業績は絶対に

良くなりません。

手形は「手形用紙に金額を書いて、判子を

押せば資金になる」ため、資金調達は容易

ですが、その代わり「待った」が効きません。

支払期日に決済資金の現金が無ければ、

その時点でアウトです。僅か100円足りない

だけでも倒産です。

ですから、潰れない会社にするためには、

支払手形の発行をやめなければならないのです。

また、出来れば受取手形も受け取らない

方がいい。私も支払手形の発行を廃止して

以降に開拓した新規のお客様には、全て現金

支払いにてお願いしています。既存で現状手形

で取引頂いているお客様には、すぐに現金に

変えて頂くことは難しいですが、時間をかけて

少しずつ交渉し、いずれは手形を止めて現金

振込みで頂くようにするつもりです。

そして、やむを得ず手形を受け取った場合、

決して割引いてはいけません。割引が、

手数料を引かれるだけなら構いませんが、

割引いた手形の期日前に振出人が倒産して

しまった場合、結局は銀行から買い戻さ

なくてはならないからです。銀行は絶対に

損はしない仕組みなのです。その時に自社に

手形を買い戻す力がなければ、結局、倒産に

追い込まれてしまう可能性が付き纏うの

です。受取手形は、期日になり銀行に回収して

もらうまで、じっと持っているのが正しい。

つまり、商売の基本に立ち返ることが、

もっとも潰れにくい方法なのです。商売の

起源は物々交換です。ただ、それではあまりに

不便なので、物の価値を図る共通の道具として

通貨が誕生しました。ですから通貨と引き換え

が一番なのです。手形は通貨の代わりでは

ありません。単に何時何時に支払います。

と約した紙切れに過ぎません。このことを

しっかりと認識すべきなのです。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「大胆」
細心の注意があって成り立つ。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ