気付いたらその場で確認

2018.2.19(月)

本日は「職場の教養」2月号より

17日(土)分の記事を紹介します。

タイトル : まあいいか

======= ここから =======

ある朝、Aさんが、三歳の息子を保育園に

送りに行った時のことです。会社に行こうと

教室を出たところで、息子が、厚紙でできた

紙飛行機を持ってきて言いました。「パパの

かばんに入れておいて」

〈いいのかな?〉と一瞬ためらいましたが、

急いでいたこともあり、〈まあいいか〉と、

そのまま鞄にしまいました。

しかし、保育園を出てから、このことが気に

なり出したのです。〈無断で持ち帰っていいもの

なのかな〉〈保育園の行事で使うものだったら

どうしよう〉という不安が頭をよぎり始め、

それが徐々に大きくなっていきました。

結局、いてもたってもいられなくなり、

通勤途中で静かな場所を探して、保育園に

確認の電話を入れました。その結果、家に

持ち帰ってもいいものだと分りましたが、

会社にはギリギリの時間に出社することに

なりました。

Aさんは、〈息子が紙飛行機を持ってきた

時に、一瞬の手間を惜しまず、先生に確認

するべきだったな〉と反省したのでした。

======= ここまで =======

このお話では、大きなトラブルに繋がる

ことはありませんでしたが、日常の仕事に

おいては、ちょっとした確認を怠ったことが

原因で、大きなトラブルに発展するケースは

まま有ります。

私も若い頃、何度もリピート製造をしている

商品の仕掛かり時に、何故か原稿が見当たらず、

お客様への確認を行うべきところを、手間を

嫌って自分の記憶を頼りに製造指示を出して、

結果大失敗をした経験があります。

この失敗を機に、以降、原稿確認は手を

抜かず、確実に行うようになりました。

工程内のマニュアルにある確認事項や、

ちょっとした違い・疑問点が生じた時の確認等、

すぐ行えば僅かな時間のロスだけで済む事が、

ちょっとの手間を惜しんで確認を怠ると、

そういう時に限って大きなトラブルとなる

ものです。

気付いた事は直ぐにその場で確認しましょう。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「体制」
制度としての仕組みです。売り上げがアップ
しないとできません。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ