緊急支払い能力を高める

2018.2.20(火)

かつて銀行は「自己資本比率が高い会社」

にお金を貸していました。

でも今は、違います。「自己資本比率が

低くても、キャッシュフローがいい会社」に

お金を貸します。

我社は、資本金2000万円、年商7億円

程度の小さな会社です。そして長期借入金が

5000万円強あります。それでも、つい先日

銀行から、5000万円の追加融資を無担保、

無保証、低金利で取り付けました。

何故か? それは、我社の現金預金が2億円

あるからです。つまり、実質的には無借金の

会社だからです。

しかし、私が借入金を全額返済して、無借金

経営を何年も続けたらどうでしょう。同じ様に

5000万円の融資を簡単にはOKしてはくれ

ないでしょう。考えてみて下さい。何年も

借金してこなかった企業が急に借金を無心

してきたら、誰だって警戒するでしょう?

当然、銀行は簡単には貸しません。貸すに

しても、厳しい審査を時間をかけて行い、

そこをクリアして初めて、高い金利で貸し

出します。

「無借金の方が財務体質はいいのだから、

いざというときにお金を借り易い」という

考えは間違いです。無借金経営の会社ほど、

お金を借りることができません。

銀行は保守的で、過去の取引実績に対して

お金を貸すからです。

私が必要のない借金までしているのは、

いざというときの備えです。銀行から融資を

受け、きちんと返済して実績をつくる。

それが、倒産しない仕組みの一つになります。

「これだけ返しました。次は、これだけ貸して

下さい」と、借入と返済を繰り返していく

ことが実績に繋がります。

銀行の財務格付は、会社の収益性より返済

能力です。収益性の配点は15点、返済能力

の配点は55点でキャッシュフローの配点は

20点です。「儲かる」ことよりも、「キャッシュ

を持っている」ことが評価されています。

多くの社長は、「儲かっているから銀行は

お金を貸してくれる」と思っていますが、

そうではないのです。銀行は「返済能力が

あるか、ないか」を見ています。

「銀行は黒字だとお金を貸し、赤字だと

貸してくれない」と考えている方、これも

違います。銀行は「この会社は倒産するか、

しないか」を見ています。たとえ赤字でも、

キャッシュフローが良く、「倒産しない」と

分れば、お金を貸してくれます。

ですから、月商の2倍位のキャッシュは

借金をしてでも手元に確保し、緊急支払い

能力を高めることが、潰れない会社への道

なのです。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・・「体勢」
心構え、姿勢を重視した組織としての姿・形
です。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ