信頼関係を構築する

2018.2.26(月)

本日は「職場の教養」2月号より

24日(土)分の記事を紹介します。

タイトル : 犬の心主知らず

======= ここから =======

動物が大好きなAさんは、旅行へ行く友人

が飼っている犬のカイトくんを、三日間預る

ことになりました。

その際に友人から、「無理して散歩に行かな

くてもいいよ」と言われました。犬を飼った

経験がないAさんにとっては、憧れの犬の散歩

だったため、翌朝、張り切って散歩に出かけ

ようとしました。

しかし、カイトくんは、その場から動かず、

歩こうとしません。リードを引っ張りながら、

ようやく外に出ても、今度はリードを引っ張ら

れて行きたい方向に行けません。初めての犬の

散歩は、散々な結果に終わってしまいました。

友人の言葉を素直に受けたかったことを

反省したAさんは、カイトくんの気持を考えて

いなかったことに気がつきました。

まずは信頼を得なければ、友好な関係を

築けないのは、犬も人も同じでしょう。

自分本位の行動は、人にも動物にも嫌われ

ます。相手の気持ちを踏まえた行動を心がけ

たいものです。

======= ここまで =======

正にその通りです。プライベートでも、

仕事においても、相手との信頼関係ほど重要

なものはありません。そして信頼関係(信用)

というものは、築き上げるのは大変な時間と

労力が必要ですが、失うのは一瞬で出来て

しまうものです。

私も仕事に関するあらゆることを、常に

お客様目線で考え、行動し、より強固な信頼

関係を構築していこうと思います。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・「ダブルキャスト」
不測の事態に対処できるものです。サブを
つくることです。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ