経営者は楽を知るな

2018.3.12(月)

効率一辺倒では商売は成功しません。

かといって誰かの真似をしているだけでも

上手くはいきません。(真似をすること

そのものは大変いいことですが・・・)

要するに、経営に「近道」は存在しない

という、昔から言い尽くされてきたことが

真実なのです。

しかし、そこを何とか近道できないかと

悪あがきする人が後を断ちません。「幻想」

に騙されて、勘違いしているのです。だから、

「どうしたら効率的に育てられるか」なんて

いう言葉が出てきたりするのです。

現実の経営では、効率良く人を育てる方法

などありはしません。人を育てるには、嫌な

思いをさせるとか、面倒くさいことをさせる

とか、会社の体質や個人の資質に合わせて

工夫する必要があります。そうしないと人は

素直にならないし、育たないものです。

ましてや社長の心や思いなど、伝わるはずが

ありません。

社長と社員では、そもそも立っている岸が

違います。その間には、とても大きな川が

あるのです。そのことを計算に入れないで、

あまりに効率を求めすぎると、社内の人間関係

がギスギスしてきます。

私の世代が入社(就職)して、2年後に

バブルの崩壊がありました。ですから、実際に

仕事のうえでバブルの恩恵を受けてはいません。

ですから、一人前の営業として市場開拓を

するのは結構大変でした。しかし、逆に言えば、

「バブルを知らない」ということは、楽な時代

を知らないということでもあります。その点で、

私は幸せだったと思います。

周りをみていると、楽な時代をしっている

人は、やがて皆挫折し、没落していきました。

(勿論、全ての人ではありませんが・・・)

私はそういった人達に対して、「かわいそうだな、

楽を知っていて」と、思ったものです。

 

では、また。・・・・・・

 

====================
本日の言葉の定義・・・・・「認知経路」
商品が売れることよりも大切です。お客様が
誰に聞いたか、何を見たかを知り、重点的に
販売を強化する。ホームページからの問い
合わせは、キーワードを聞く。
====================

 

 

私共はこのようなパッケージを製作しております。

アメログボタン画像-1_r13_c11

 

興味・関心のある方はぜひご覧下さい。

お問い合わせも承っておりますので
お気軽にどうぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ